栄養

キレイな「姿勢」と「体型」を手に入れよう ―一流選手は脚がキレイ―

こんにちは!

毛利陽介です!

 

ワールドカップが盛り上がっていますね。

日本代表は負けてしまいましたが、大会は佳境に入ってきました。

一流の選手のプレーを見ると、身体の使い方が非常に上手いです。

身体の使い方が上手い選手は共通して、「姿勢」と「体型」も良いです。

 

「姿勢」と「体型」はスポーツ選手でなくとも誰でも良くしたいと思うものでしょう。

また、身体の使い方が良くなれば、肩こりや腰痛といった身体の不調にも効果的です。

 

良い体の使い方をする第一のポイントは、身体の「中心」を使うことです。

一流のスポーツ選手を見ると、身体の中心軸がしっかりしており、小手先ではなく身体の中心から動いています。

 

 

 

 

 

 

 

身体の中心の説明をするために、「アナトミートレイン」の話をします。

アナトミートレインとは、筋肉を包む膜である「筋膜」のつながりのことです。

東洋医学には経穴(ツボ)をつなぐラインである「経絡」がありますが、アナトミートレインはその西洋医学バージョンといったところでしょうか。

アナトミートレインの筋膜ラインにはフロント・ライン、バック・ライン、ラテラル・ラインといった名称がついていますが、今回重要なのは「ディープ・フロント・ライン」です。

ディープ・フロント・ラインは身体の中心を走行する筋膜ラインです。

具体的には、後脛骨筋・長趾屈筋・大内転筋・大腰筋・横隔膜・斜角筋といった筋肉で構成され、さらには心膜や胸膜といった内臓を包む膜も関与します。

このうち大腰筋はいわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉で最も重要と言えます。

また横隔膜は呼吸筋であり、呼吸によって自律神経にも影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は特に大腰筋について書いていきます。

大腰筋は腰椎(背骨の下の方)から始まり、大腿骨の小転子(太ももの骨の付け根)に終わります。

この筋肉を直接意識するのは難しいので、代わりに「もも裏」を意識すると効果的に大腰筋を使えます。

意識していないと、どうしても「もも前」を使ってしまい、身体の末端の筋肉を使ってしまいます。

そうすると、「ふくらはぎ」や「太腿」に余分な筋肉がついてしまいます。

一方、もも裏を意識して大腰筋が使えると、ふくらはぎと太腿の余分な筋肉が落ちてスッキリします。

一流スポーツ選手の脚を見ると、スッキリと細くてキレイな脚であることが分かると思います。

もも裏を意識しやすいのは階段の上りです。

また歩く前にもも裏をさすったり叩いたり、あるいはテーピングを貼るなどすると意識しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

美容にも健康にも効果ありのナッツ類!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

最近では健康や美容に対して優れた効果を発揮すると注目されているナッツ類。ナッツには様々な種類があり栄養素や効果がそれぞれにあります。

今回はそんなナッツ類について種類別に紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

〈クルミ〉

クルミは栄養価の高さからスーパーフードの1つとしても考えられています。

クルミの特徴としては他のナッツ類にはほとんど含まれていないαリノレン酸が多く含まれていることです。

このαリノレン酸には

 ●がん予防 ●高血圧、糖尿病予防 ●老化予防 ●アレルギー抑制 ●中性脂肪、血中コレステロールの軽減

などといった効果が期待できます。

さらにポリフェノールの豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があるので美容や病気の予防としても効果があります。

 

 

 

 

 

 

〈アーモンド〉

アーモンドに含まれる脂質のうちの約70%がオレイン酸とされています。そのオレイン酸には

 ●便秘解消 ●動脈硬化、心筋梗塞の予防 ●血液をサラサラにする ●悪玉コレステロールの減少

などといった効果が期待できます。

また、腸内環境を改善し排便をスムーズにしてくれる効果がある食物繊維や抗酸化作用をもつビタミンEも多く含まれていてアンチエイジング効果も期待できます。

 

 

 

 

 

 

〈カシューナッツ〉

カシューナッツはナッツの中で貧血予防に効果があると言われ、鉄や骨を強くするビタミンK、必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれています。

トリプトファンは体内で「睡眠ホルモン」と言われていてメラニンに変化するのでなかなか寝付けない方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

〈マカダミアナッツ〉

マカダミアナッツにはビタミンA、B1、B2、Kやミネラル類が多く含まれています。

このナッツの脂質にふくまれるパルミトレイン酸は食用油にはほとんど入っていない貴重な脂肪酸で老化肌や乾燥肌に最適で肌の弾力や再生、修復が期待できます。

また皮脂や角質層の働きを正常に保つことによりしわやたるみも改善する効果もありアンチエイジングには欠かせない成分です。

 

ナッツを選ぶときは無塩で素焼きのものを選ぶといいです。

生活にナッツ類を取り入れて健康でキレイな身体を目指しましょう^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は健康の要④  ―1日必要量―

こんにちは!

毛利陽介です!

 

健康や美容のためにはどれくらいの栄養を摂る必要があるでしょうか。

各栄養素の一日当たりの必要量を見てみましょう。

 

①タンパク質

タンパク質は体重1kgに対して1gが必要です。

つまり、体重50kgの人なら1日50g。

体調改善・美肌・アンチエイジングならその倍必要です。

ちなみに、卵1個でタンパク質6g、肉100gで15~20gです。

従って、たんぱく質100gを摂るには肉700g(ステーキ3人前程度)が必要です。

中々そこまでは食べられない場合も多いかと思います。

その場合はプロテインの活用もおすすめです。

プロテインはソイ(大豆)ではなくホエイ(乳清)が良いです。

身体の不調がある方や美容・アンチエイジングを気にされる方はしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。

 

②脂質

脂質はBMI22~24くらいの人なら体重1kgに対して1~1.3gが必要です。

つまり、体重50kgで1日50~70gになります。

BMI20以下の人は多めに、BMI25以上の人は少なめにする必要があります。

食べ物の脂質量は卵1個で6g、豚バラ肉100gで30g、チーズ100gで26g、バター100gで80gです。

脂質は良質なものを摂ることが重要です。

バターやラード、肉や卵の脂質といった動物性の飽和脂肪酸を多く摂り、サラダ油やマーガリンは避けましょう。

 

③ビタミン

ビタミンは人によって必要量が大きく変わります。

具体的には、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)は10倍、水溶性ビタミン(C・B群)は150倍の差があります。

例えば、ビタミンB1が1mgで乳酸が処理できる人と、150mg必要な人がいるわけです。

ビタミンB1を最も多く含む食材である豚ヒレ肉から150mg摂るには、毎日10kgの豚ヒレ肉を食べる必要があります。

あまりに非現実的な量ですね。

ビタミンB1不足で乳酸が処理できなくなると癌になりやすくなります。

また、ビタミンCは皮膚や骨の再生、免疫細胞やストレスホルモンをつくるのに必要で約1000種類の代謝に使われます。

健康や美容・アンチエイジングに不可欠な栄養素です。

1日必要量は1万~1万5000mgです。

これはレモン500個分です。

こちらも非現実的ですね。

そんなビタミンもサプリメントを使えば簡単に摂取できます。

ビタミンCとB群合わせても1日50円で必要量を摂ることができます。

 

 

 

 

 

 

健康や美容を手に入れるにはタンパク質や脂質、ビタミンなどをかなり大量に摂る必要があります。

また、今回は書きませんでしたが、ビタミンDやEといった脂溶性ビタミンや鉄や亜鉛などのミネラルも大切です。

プロテインやサプリメントも活用しながらしっかりと栄養を摂ることが大切です。

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

鍼灸医学と食事養生

こんにちは!

毛利陽介です!

 

鍼灸治療と食事が病気の予防と治療、健康の維持と増進のための両輪であることは以前にも書きました。

今日はその鍼灸治療と食事養生の共通点について書きたいと思います。

 

鍼灸医学の重要な理論の一つに「同病異治」「異病同治」というものがあります。

同病異治とは、同じ病気を異なる方法で治すという意味。

異病同治とは、異なる病気を同じ方法で治すという意味です。

鍼灸医学では、症状だけでなく患者さんの身体全体を重視します。

例えば同じ「腰痛」の患者さんでも、「腎虚による腰痛」の患者さんと「肝気鬱による腰痛」の患者さんには異なる治療をします。

一方で症状が違っても、「腎虚による腰痛」の患者さんと「腎虚による耳鳴り」の患者さんには同じような治療をする場合もあります。

ですから、腰痛・耳鳴り・疲労感・頻尿など複数の症状を同時に治療することもできるのです。

このように患者さんの身体全体、心身両面、環境も含めた人生全体を診て治療をするために、詳しい問診と舌・脈・手足や腹背のツボの診察が必要なのです。

 

 

食事養生については「分子栄養学」を提唱した三石巌氏による「ビタミンカスケード」という理論が非常に分かりやすいです。

カスケードとは、「段々滝」のことです。

例を挙げてビタミンカスケードについて説明します。

ビタミンCに「カゼ予防物質合成」「インシュリン合成」「白内障予防物質合成」の三つの働きがあるとします。

 

 

 

 

ビタミンCが必要量あればこの人は風邪も引きにくく、糖尿病にもなりにくく、白内障にもなりにくくなります。

しかし、ビタミンCが少し不足すると、風邪は引きにくく、糖尿病にもなりにくいが、白内障にはなってしまうかもしれません。

そして、このカスケードの順番は人によって異なります。

別の人は、「インシュリン合成」→「白内障予防物質合成」→「カゼ予防物質合成」の順になっているとします。

この人の場合、ビタミンCが少し不足すると、糖尿病や白内障にはなりにくいが、風邪は引きやすくなります。

このように、同じビタミンC不足でも、異なる症状が出るわけです。

しかし、治療法としてはどちらもビタミンCの摂取ということになります。

また、ビタミンAも免疫に関わるため、不足すると風邪を引きやすくなります。

つまり、同じ「風邪を引きやすい」という症状にたいして、ビタミンC不足なのかビタミンA不足なのかによって、治療が変わるわけです。

これは鍼灸医学の「同病異治」「異病同治」と非常に類似しています。

一方で、現代西洋医学による病名に対する治療とは大きく異なります。

 

 

症状を抑えることも大切ですが、その症状が出る原因を除くことがより重要です。

鍼灸医学と食事養生によってそれが実現できると考えています。

 

 

 

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学③ ―問診―

こんにちは!

毛利陽介です!

 

今回も東洋医学シリーズです。

前回は診察法について書きましたが、今回はその中の問診について詳しく書きます。

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療は患者さんの症状だけでなく、その人の人生全体、しかも社会的な存在としてのその人全体を診て行います。

そのため、東洋医学的な問診では一見症状に関係のないようなことも含め、様々なことを聞きます。

具体的にどのような問診をするのか紹介します。

 

まず確認するのは受療目的です。

重要なのはどんな症状か、だけではなく、その症状によって何に困っていて、何ができるようになりたいかです。

例えば、腰が痛い患者さんの場合、腰が痛くて仕事に支障が出ているのか、趣味のサッカーができなくて困っているのか、歩くこともできないのか、といったことを明らかにします。

それが分かれば治療目的は、仕事ができるようにする、サッカーができるようにする、痛みなく歩くことができるようにする、となります。

 

 

もちろん主訴(患者さんが最も気になる症状)についても詳しく聞きます。

特に重要なのが、増悪因子・緩解因子です。

増悪(緩解)因子とは、何をすると、あるいはどんな時に症状が悪化するか(マシになるか)ということです。

例えば、季節・天候・気温・湿度といった外的条件や、飲食・睡眠・二便(大小便)・入浴といった日常生活、他に姿勢・動作・運動や時間帯・仕事と休日、疲労・感情・月経などで症状は変化します。

温めると楽なのか冷やすと楽なのか、朝と夜ではどちらが症状がきついか、どのような姿勢や動作で痛みが出るか、といったことが重要になります。

 

 

患者さんの身体全体の状態を知るためには以下のことを出来るだけ詳しく聞いていきます。

以下の問診で身体の寒熱・虚実・気血の状態・五臓のどれに関係が深いか、といったことを判断します。

寒熱は身体が冷えと熱のどちらに傾いているかということです。

虚実は体力の程度を診ます。

気血の状態は、体に必要なエネルギーや物質が不足しているのか・過剰になっているのか・滞っているのか・偏っているのかといったことを診ます。

五臓については、以前に説明した肝・心・脾・肺・腎のどれと関係が深いかを判別します。

 

まずは飲食についてです。

食欲の有無や食事内容・好み、食事の時間などを聞きます。

食後の状態も重要です。

食後に眠くなる、気分が悪くなる、すぐに排便したくなる、腹が張るといった症状の有無を聞きます。

水分摂取量や何をよく飲むか、温かいものと冷たいもののどちらを好むかも大切な情報です。

嗜好品についても重要な情報になります。

具体的にはタバコ、アルコール、間食などです。

 

次に二便(大便・小便)についてです。

下痢や便秘の有無に加え、排便回数や大便の性状、排便時・排便後の感覚を聞きます。

小便の回数や色、尿量も大切な情報です。

 

睡眠についても聞きます。

寝つきや寝起き、夢の有無や内容、昼間の眠気などを聞きます。

 

他にも運動習慣や仕事内容、汗や口渇、生活環境やストレス・感情も重要です。

また必要に応じて既往歴(今までに経験した病気や怪我)・服薬状況・手術経験なども聞きます。

女性の場合は月経の状態も重要な情報です。

 

 

さらに大切なのは、患者さんが症状についてどのように考えているか(解釈しているか)ということです。

そして、症状に対する不安内容や、症状による日常生活への影響も聞いていきます。

 

これらの情報を総合的に判断して治療を行います。

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀