手洗い

インフルエンザ対策

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

この時期はインフルエンザが流行っていますね。そこで今回はインフルエンザについて紹介していきたいと思います。

インフルエンザとはインフルエンザウイルスに感染しておこる感染症です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があり人に流行を起こすのがAとBです。インフルエンザの感染には季節性があり国内では例年12月から3月ごろに流行し短期間に多くの人に感染します。

次にインフルエンザの症状はどんなものかをみていきましょう。インフルエンザの症状には咳や喉の痛みなどの呼吸器の症状だけでなく高熱・全身のだるさ・食欲不振などの全身症状が強く、頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器系以外の症状を伴うことも良くあります。合併症として気管支炎・肺炎・中耳炎などがみられます。もしもインフルエンザが疑われる症状に気づいたら出来るだけ早く医療機関で診察を受けましょう。

そんなインフルエンザの予防はどうしたらいいのでしょうか。インフルエンザの流行は主に冬季に地域や学校などで起こります。予防接種をしておくとインフルエンザウイルスに対抗するための抗体をつくることができます。その年に流行するインフルエンザは毎年予測され予防接種のためのワクチンがつくられます。予防接種でインフルエンザウイルスの感染を完全に予防することはできませんがインフルエンザにかかる人や重症化して入院する人を減らることができます。現在日本で使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンと言ってインフルエンザウイルスの感染力を失わせて人が免役をつくるのに必要な成分だけを取り出して作ったもので、ワクチンに感染力はありません。なので予防接種によってインフルエンザを発症することはありません。

また、日常生活で予防することも大切です。普段から健康管理をし、十分に睡眠、栄養をとって抵抗力を高めておきましょう。人が多く集まる場所から帰ってきたときは手洗いをしっかりするようにしてアルコール消毒をすると効果的です。                

インフルエンザは予防が大事なので日頃からできる予防を心がけましょう。ただし、予防をしていてもかかってしまうことはあるのでインフルエンザの疑いがあったら早めに医療機関を受診して早期回復につとめましょう。


お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は side_line.png です


インフルエンザに注意!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

この時期になるとインフルエンザが流行ってきますね。

私の周りにもインフルエンザの人が少しずつ増えてきました。

そこで今回はインフルエンザの感染を防ぐ方法について紹介したいと思います!

まずインフルエンザは飛沫感染や接触感染によって感染します。

飛沫感染はくしゃみや咳などからウイルスが一緒に放出され別の人がそのウイルスを口や鼻にに吸い込み感染します。

接触感染は感染者がウイルスの付いた手で周りのものにふれて別の人がその物に触ってウイルスが手に付着しその手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

インフルエンザにかからないためにはまず手洗いが大切です。

帰宅時やご飯を食べる前などこまめに洗いしっかりと石鹸を使うようにしましょう。手のひらだけでなく手の甲、指の間、爪、手首も洗うようにしましょう。洗った後はタオルやペーパータオルで拭きましょう。

適度な湿度を保つことも大切です。

空気が乾燥すると鼻の粘膜や喉の粘膜の防御機能が低下します。60%ぐらいが適切な湿度です。乾燥しやすい室内では加湿器を使うといいでしょう。

インフルエンザは免疫力が低下しているとかかりやすくかかった時に症状が重くなることもあります。なので普段の食生活や睡眠時間を見直して生活習慣を整えておく必要もあります。

また、人にうつさないように気をつけましょう。咳やくしゃみが出る場合は必ずマスクを着用するようにしましょう。

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀


インフルエンザ予防

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

毎年この時期になるとインフルエンザが流行します。インフルエンザにかかると高熱がでたり咳やのどの痛みなどの症状がでて大変ですね。

なので今回はインフルエンザについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まず、症状ですが、高熱を伴って急激に発症します。さらに食糧不振や関節・筋肉痛、咳やのどの痛みなどもあらわれます。

また風邪が1年通してみられるのに対しインフルエンザは冬場に流行し1~3月にピークを向かえます。

次に予防に関してです。

〈手洗い〉

インフルエンザなどの感染症は手を介して体内に侵入することが多いと言われています。日常生活で私たちが触れる様々な場所にウイルスは付着しています。

ウイルスがついた手で食事をしたり、口元を触ったりしてしまうと体内に侵入してしまいます。侵入を防ぐためにもこまめに手を洗い、

できるだけウイルスをとり除くことが大切です。

〈水分補給〉

水分が不足すると鼻の奥にある粘膜の粘液分泌量が減ります。そうなると外から入ってきたウイルスの排出がされにくくなります。

緑茶に含まれるカテキンは殺菌効果が期待できるとされています。意識的に緑茶で水分補給することが予防につながります。

〈人混みを避ける〉

人混みでは飛沫感染や接触感染が起きやすくなるため避けたほうがいいです。

〈休養と食事〉

体が疲れた状態ではウイルスに感染しやすくなります。抵抗力を高めるためにも十分な休養とバランスの取れた食事をとることを心がけましょう。

予防効果の高い食材としては生姜やかんきつ系があります。生姜を摂ると粘膜に付着したウイルスと戦う力である抗ウイルス性物質の分泌を促す効果があります。

かんきつ系にはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCを1日に500mg摂るとインフルエンザや風邪にかかるリスクは少なくなるとされています。

 

予防意識を高めてインフルエンザにかからないように気をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀