快眠

寝る前にゴキブリ体操で、むくみ解消&代謝アップ!?

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

昼間は30度、秋はまだ先かなぁと思っていましたら、すっかり秋になってしまいました。

上着を持っていなかったり、薄着で過ごしたりして

気づいたら体が冷えてしまっている、肌寒いと感じるようになりました。

冬と比べてしまうと、震えるほど寒くないし、大丈夫!と思っていても体が冷えていることには変わりはありません(^^;

体が冷えると、代謝が落ちるだけでなく、血流もうまく流れにくくなるのでむくみなどの原因にもなります。

さらに足がむくんでいるとだるいなぁという不調を感じるだけでなく、足が太くなる(むくんでいるので)と容姿の悩みも出てきます。

筋肉をつけたり、マッサージで流したり、むくみにくくできたら良いのですが、

忙しい日々で毎日ケアをすることは難しいとおもいます。

そんな方にも簡単にできる体操を紹介したいと思います!

ずばり『ゴキブリ体操』です!!!

耳にしたことがある方も多いと思います。

名前の由来はゴキブリがひっくりかえってバタバタしていることからだそうです。

動きを想像するとピッタリだと思いますがなんだか愛着のわく名前ではないですね、、、;

 

しかし、効果は抜群なんです!!!

ゴキブリ体操をするだけで、全身の血流が隅々まで良くなると言われています。

 

 

 

 

 

上の画像がゴキブリ体操の基本姿勢です。

日常生活では通常、手足は心臓より低い位置にありますが、その位置を一時的にでも高く上げることで、下にたまりがちだった血液が流れます。

むくみを解消するだけでなく、血流も良くなるということです。さらに血流がよくなれば、全身の代謝が上がり、肥満解消、ダイエットにも役立つわけです。

さらに、できるだけ上げるように心掛けることで、おなかや腰の筋肉が使われ、下半身のシェイプアップにつながるのです。

その姿勢で手足を振動させることで、末梢の血液循環もよくなります。末梢の血液循環がよくなることで、手足の冷えも解消してくれるということです。

これらから冷え症の人はもちろん、腰痛やひざ痛がある人も、この体操を続けると症状が改善されていくといわれています。

 

そんなゴキブリ体操の方法はとても簡単です。

まず、手足を床に付け、仰向けになり、体の力を抜きます。

体の力を抜いたら、手足を上にあげます。

この時に腰はなるべく浮かせないことを意識しましょう。

基本の姿勢がとれたら、手首・膝を軽く曲げ、力を抜いてバタバタ動かします。

 

 

 

 

 

ゴキブリ体操は、無理に長い時間行う必要はありません。30秒~1分行えば十分です。

短い時間でも毎日続けることが重要で、1日1回を目安に行ってみてください。

ポイントは肩や太ももに力を入れ過ぎず、リラックスして行うことです。

息切れしてしまう人は、力を入れ過ぎている証拠です。

無駄に力が入ってしまうという方はうまくバタバタするのが難しく感じるかもしれません。

手足を床に付けて、仰向けで寝ているときに目を閉じて、身体の力を抜くとリラックスしてできるかもしれません。

体操終了時に体が軽く感じるくらいがちょうどいいです。

 

ゴキブリ体操を行うタイミングでおすすめしているのは夜寝る前です。

 

 

 

 

 

 

1日デスクワークや外回り、様々でありますが、疲れがたまった足は、夜になるとよりむくみます。

ベッドで寝る前にゴキブリ体操を行えば、全身、足の血流がよくなり、むくみが緩和されます。

ゴキブリ体操はフローリングなどの床で行うと背中が痛くなってしまう恐れがあるので、

ベッドやマットレスといった身体が痛くならないところで行うことをおすすめします。

寝る前に行えば、一石二鳥ということです。

シンプルで効果が感じられやすいので、

運動をするのはめんどくさい、難しいことは苦手な方でも続けやすいです。

 

是非行ってみてください♪

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

 

 

tel☎:052-701-8899

 

 

 

 

 

 

入浴の際は湯船に浸かっていますか?湯船に浸かると良い点を教えます!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

朝晩はすっかり冷え込み秋晴れですが、日中は真夏のようですね…。

着ていく服に毎日苦戦しています(^^;

 

気温の変化についていけず、風邪を引いてしまっている、なんだか体調がすぐれない、

身体の疲れが抜けない…という方もいらっしゃると思います。

 

そんなときに是非してもらいたいことは入浴の時に湯船に浸かるということです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は体温を上げないようにお風呂はシャワーで済ませる方も多いと思います。

夏の場合は気温が高いので、入浴をぬるめのシャワーで済ませたとしても、体温は下がることなく、

むしろ汗をかいてしまうこともあります。

しかし、現在のような日中は真夏、朝晩は秋、という気温で入浴をシャワーのみで済ましてしまうと、

身体は温まることなく、冷えたままという状態になることが多いです。

身体が冷えているということは、本来の正常な状態ではないので

免疫が下がってしまったり、筋肉が機能しにくかったりと様々な原因で不調があらわれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉は使わなかったり、使いすぎる、寒いと固まりやすいです。

(固まりやすいにも様々な種類がありますが、今回はひとまとめにさせていただきます。)

夏の場合は、気温が高いので筋肉が緩みやすいと言われています。

しかし、秋冬は気温が低いので、筋肉が自然に緩みやすい状況にあることはあまりありません。

そんな時に、湯船に浸かって体を温めてあげることで、筋肉を緩めてあげたり、

緊張状態(縮こまっている)の身体を緩めてあげたりすると心身ともにリラックスできます。

 

 

 

 

 

 

 

また、入浴は睡眠にも深く関わってきます。

日中、体はエネルギーを作るために熱を蓄えています。

体の中から熱を下げることによって脳や、体の休息を取らせます。

なので体の中に熱がたまっている状態だと、うまく休息が取れず疲労が残ってしまったり睡眠のリズムが崩れてしまいます。

寝る前に体がポカポカするのは体の中の熱を発散させているからです。

体温を上げることが睡眠に良いことは分かったと思います。

しかし体温は自分の力だけで体温を上げたり下げたりなんてできないです。

そこで湯船につかって体を温める、ということです!

体を温めるだけならシャワーだけでもいいのではないか?と思うかもしれませんが、

シャワーではお湯が均等に当たらずすぐに冷えてしまうのであまり効果は期待できないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

湯船につかることで体全体が均等に温まります。血管が広がり血液の流れも活発になります。

普段血液がうまく流れず冷えやすい足や手などにも均等に血液が流れ体全体を温めることができます。

血管が開いた状態だと熱発散もしやすくなるので体温も下がりやすくなります。

一気に体温を上げて寝る時に体温を下げる事ですぐに眠れるようになります。

冷えたまま布団に入ると体温を上げるまでに時間がかかり、さらに熱を発散させるまでにも時間がかかり寝つきが悪くなってしまいます。

 

湯船に浸かるというのは健康面だけでなく、美容面でも効果はあります!

湯船に浸かることで代謝が上がるのでダイエット効果もあります。

体温もあがり、血管が広がり血液の流れも促進してくれるので、冷えやむくみといったお悩みにも効果的です。

 

まだ日中は暑いから、とシャワーでお風呂を済ましている、最近体調がすぐれない、

身体の悩み(腰痛肩こり等)がでてきたという方、

冷えてきたこの時期にゆっくり湯船に浸かってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

 

台風・低気圧での体調不良は予防改善できますよ!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

この時期は台風が多いですね…

天気が良くないと頭痛だったり、なんだか体がだるく重たい…といった症状が現れる方もいらっしゃると思います。

天気が良くないと体調がすぐれない人も多く、気分が上がらないのも無理はありません。

ただ単に体調管理ができていないからというわけではなく、

気圧の変化が大きく関係しています。。。

台風が起こると気圧が変わります。(梅雨の時期など雨でも変わります。)

 

 

 

 

 

 

晴れのときを基準として日々私たちの身体はバランスをとっています。

身体のバランスをとっているのは自律神経といわれる神経で、

副交感神経(寝ている時やリラックスするときに優位に働く)と交感神経(起きている時や興奮しているときに優位に働く)の2つからできています。

この2つのバランスが崩れると、頭痛やだるい、といった症状が現われます。

さらに台風・低気圧がおこると血管が膨張し、血流が悪くなるそうです。

血流が悪くなることによって頭痛やめまいが起こる方がいるということです。

さらに、低気圧により空気中の酸素は減ります。酸素が不足する事で自律神経が乱れ、頭痛や倦怠感といった身体の変化が起こるだけでなく、

うつのような症状も出る方もいるとのことです。

 

 

 

 

 

 

では台風・低気圧で起こる体調不良はどのようにしたら予防改善できるのか、

今回は3つ紹介していきます。

 

①深呼吸をする

酸素が不足することで自律神経が乱れると上記で書かせていただきました。

不足しているのなら、酸素を取り入れることで自律神経は整うということです。

深呼吸のポイントは息を吐く時です。吐ききることを意識してゆっくり、深く呼吸してみてください!

中々寝付けないや疲れが抜けにくい、とお悩みの方にも効果的ですよ!

 

 

 

 

 

②汗をかく

汗をかくことで体の血流がよくなり交感神経が活発になるので、体のダルさや気分の沈みが少しは解消されます。

汗をかくといっても、運動だけではなく、半身浴をして汗を流すということでも効果はあります!

中々汗をかいたりすることが難しい方はストレッチをすることでも効果はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③適度な睡眠時間を確保する

適度な睡眠とは一般的には7~8時間と言われています。

睡眠時は副交感神経が優位に働くと言われているので、とても疲れているから今日はお昼まで寝てしまおう、といった行動は

自律神経のバランスを乱す行動にもなりかねません。。。

人によってはショートスリーパー(一般的な人より睡眠が短い人)やロングスローパー(一般的な人より睡眠が長い人)もいらっしゃるので

自分に合った睡眠時間を確保していただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

天気とともに気分もブルーになりがちな方是非実践してみてください!

台風や天気の変化に負けない快適な日々を過ごしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

熱中症にならないために

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

毎年夏になると問題になる「熱中症」これは炎天下の屋外だけでなく屋内でもなる危険性があります。

中にいるから大丈夫と対策をしない方も多いかもしれませんが、ひどくなると生命に危険を及ぼす可能性もあるためしっかり対策をしたり、もし周囲の人がなってしまった時に

正しい対処がすばやくできるように原因や対処法の理解を高めることが大切です。今回はそんな熱中症について紹介していきたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈熱中症のメカニズム〉

ヒトには体温を調節する機能があり、体温より気温が低ければ皮膚から空気中へ熱がうつりやすく体温の上昇を抑えることができます。また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ

体温を上手にコントロールすることができます。しかし、気温が体温より高くなると空気中への熱放出が難しくなるため体温調節は発汗だけに頼ることになります。

ところが気温、湿度が高くなると汗をかいても蒸発しなくなります。そのため発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまいます。

熱中症は体温を調節する機能が失われ体温がどんどん上昇してしまう機能障害です。

〈熱中症にならないために〉

●水分をとる

 喉が渇いたと感じる前にこまめに水分を補給しましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき汗で失われた塩分の補給にもつながります。

 汗によって塩分も失われるため水だけでなく塩分もとるようにするといいです。

●睡眠をしっかりとる

 通気性や吸収性のよい寝具を使ったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整えて寝ている間の熱中症を防ぐと同時に日々ぐっすりとねることで

 翌日の熱中症を予防しましょう。

●丈夫なからだづくり

 バランスの良い食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫なからだをつくりましょう。体調管理をすることで熱中症にかかりにくいからだをつくることが大切です。

〈熱中症の疑いがあったら〉

夏場に体調が悪くなったら熱中症かもしれないと疑うことが大切です。まずは声をかけてあげ、軽度の場合は応急処置としてまず涼しいところに避難させ、首、額などを氷で冷やしたり

水分を補給させてあげましょう。重症の場合は救急車を呼ぶようにしましょう。

 

熱中症にならないようにするためには日頃からの意識が大切です。自分は大丈夫と思わずしっかりと予防しましょう。

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

朝を快適に♪~暑い夏を乗り切るためにすべきこと~

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

夏風邪を引いてしまい、数日家で大人しくしていました・・・。

私は風邪を引くと焼きプリンが食べたくなるのですが、みなさんは何か食べたくなるものはありますか?

 

聞いておきながら何ですが、今日は風邪もプリンも関係ありません!

先日別のスタッフが夏の夜の快眠習慣を3種類ご紹介しましたが、今回は朝についてご紹介したいと思います!!

夜寝る時は快適になったけど朝起きると暑い、だるくて起きる気になれないといったことはありませんか?

1日を元気よく過ごすために朝の過ごし方を変えてみましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

◎朝シャワー

寝ている間に汗をかいていて気持ち悪い、さっぱりして出かけたいとシャワーを浴びる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

シャワーを浴びることで目も覚めますし、リラックスできるのでお勧めです!

シャワーを浴びるためにいつもより少し早起きを、そのために夜は早く寝ようとすることで生活習慣も整います。

気持ちを切り替えることも出来るので是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

◎散歩やランニング

朝時間がある方は、短い距離でも良いので散歩やランニングをしてみませんか?

日の光を浴びることで体も目を覚まします。

熱中症対策のために水分補給は欠かせませんが、いつもと違う景色を見に行くのも楽しいですよ!

 

 

 

 

 

 

◎寝る前のスマホをやめてみる

これは夏に限らずいつでも快適に過ごせるようになるのですが、朝だるいと感じる原因のひとつは寝る前のスマホにあります。

スマホの画面を見続けていると人間は興奮状態になります。

そのまま寝ようとしても寝れず、結局夜更かしをしてしまうことはありませんか?

寝る時間を決め、その10分~20分前は音楽を聴いたり本をを読んだりしてリラックスしましょう。

寝つきも良くなりますし、朝も快適に起きることができます!

 

今も暑いですが、これからもっと暑くなると思います。

この夏を乗り切るために頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀