座り姿勢

健康・美容にも・・・健康寿命が延びる座り方のポイント

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です!

 

突然ですがみなさん1日に何時間ほど座っていますか?

PC作業や運転が多い方などは8時間とかいう方も多いかも入れないですね。

 

 

 

 

 

 

 

最近の研究で長時間座ることとがんの発症との関りが言われるようになってきました。

 

早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授によると

「座っている時間が長いほどがんの罹患リスクが高くなる。顕著なのは大腸がんと乳がんで、座りすぎによって大腸がんは30%、乳がんは17%も罹患リスクが上がる」

という深刻な見解もあるようなのです。

 

同じ姿勢で長時間過ごすことによって

足の方に下りた血液を心臓に押し戻すというふくらはぎの筋肉のポンプ作用が機能低下します。

結果として全身に酸素や栄養を送る血流が滞ってしまうというのが大きな要因のようです。

いわゆるドロドロ血と言われる状態になって血栓ができやすくなり、がんを含むあらゆる病気の元になりやすいそうです。

 

そうはいっても立ったまま仕事や運転はできないし、どうすれば・・・

 

長時間の同じ姿勢によるものが原因なのでこまめに休憩をとる

もしくはトイレに行ったり、モノをとりに歩いたりすればいいのです!!

 

ポイントとしてはこの3つ

 

◎30分から1時間に1度はトイレ休憩、飲み物や資料を取りに行く、不要な書類をシュレッダーにかけるなどのブレイクタイムを取る。

◎ブレイクタイムの目安は、30分に1度の場合は3分間、1時間に1度の場合は5分間。

◎なかなかブレイクタイムを取れないときは、座ったままかかとを上げ下げする、膝を伸ばして脚を上げる、脚を上げた状態でつま先をまっすぐ伸ばしたり直角に立てたりする。

 

これによって筋肉のポンプ作用を働かせることができます!

ポンプ作用が機能すれば血液の循環がよくなるのでぜひ試してみてください!

 

そして、座っているのはなにも仕事中ばかりじゃありません。

友だちとお茶をしていたり、おうちでテレビを見たり、スマホをいじったりしていると、1時間なんてあっという間ですよね。

代わりに、電車の中では席が空いていても立つようにしたり、座っているときの足の下にツボ押しを置いてみたり、普段から意識することで、健康寿命もだいぶ変わってくるのかも。

 

ぜひこのことを心がけて健康な生活を送ってください!

 

もちろん長時間の座り姿勢は普段の姿勢にも大きく関わってきます。

キレイな姿勢を保つためにはについて書かれているのが

当院ブログの

11月15日

長時間の座り姿勢はきれいな姿勢の敵!

にも書いてあるので是非そちらも参考にしてみてください!!

 

 

ワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899

 

 

LINEでも予約ができるようになりました。
QRコードを読み取ってくださいね。
ご予約お待ちしております✨