大豆

味噌の効果

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

日本人の食卓に欠かせないみそ汁。みなさんも毎日のように飲んでいる人も多いことでしょう。

そんな私たちにとって身近な存在のみそ汁は主に味噌からできています。実は味噌は病気予防や美容にとってもいい効果があるんです!

そこで今回はそんな味噌について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈味噌に含まれる成分〉

味噌は大豆を発酵させてつくられています。大豆と言えば体にいい食品だという事はよく耳にしますが、発酵という過程で発酵前にはなかった成分もつくられます。

味噌の中に含まれる主な成分と言えばイソフラボンです。イソフラボンとは特に女性にとって美容に効果のある成分として注目されています。

その他にも味噌にはタンパク質、イソフラボン、ビタミンB、Kなどといった良質な成分が多く含まれています。

〈味噌の効果〉

●老化を防ぐ

 イソフラボンやビタミンEの抗酸化作用により老化を防ぐことができると言われています。また、味噌に含まれるサポニンや味噌の褐色の色素には酸化を抑える働きが

 あることが期待されます。

●コレステロールを抑制

 味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれていてコレステロールの上昇を抑制する効果があるともいわれます。

 またリノール酸、大豆レシチンにも血中コレステロールの上昇を抑える効果が期待できます。

●ダイエット効果

 食物繊維が腸内をキレイにしてくれ便秘予防につながりダイエット効果があります。

 他にもコリンと言われる成分は肝機能を高める働きがあり肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。肝脂肪で悩む方におすすめの栄養素です。

 また、大豆にふくまれるたんぱく質の一つであるβコングリシニンには血中の中性脂肪を低下させる働きがあるともいわれます。

●美容効果

 味噌にふくまれるリノール酸にはしみ、そばかすの原因であるメラニンの合成を抑制する働きがあります。

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康に良い大豆

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

大豆は豆の中でもタンパク質を多く含んでおり、「豆の王」と呼ばれていて今では日本の食事に欠かせない食材となっています。

若どりした枝豆や発芽させたもやしなどもありますね。今回はそんな大豆について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

〈疲労回復効果〉

大豆に含まれるビタミンB2はエネルギー代謝を盛んにする作用があります。そのため疲労回復に効果があります。

とくに納豆はビタミンB2が大豆の5倍になるのでスタミナ料理には理想的です。

このビタミンB群は美肌効果もあります。皮脂の分泌を抑える働きがあるのでニキビや脂性肌を防いでくれます。

〈ダイエット効果〉

大豆製品を多くとることで肥満を防ぐことができます。

肥満を防止し、コレステロールを下げるには動物性のタンパク質を減らし、植物性のタンパク質を多くとることが重要です。その代表が大豆になります。

またサポニンという物質も含まれていますが、これは小腸に働いて体脂肪を減らすことに役立ちます。

〈動脈硬化予防〉

植物性タンパク質に含まれるアルギニンというアミノ酸は血中コレステロールを下げる働きがあります。さらに大豆の脂肪の中にはリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が

多く含まれているため血中老廃物を排除してくれ血管を丈夫ししてくれます。

サポニンも血液の酸化を防いでくれるため大豆を食べることは動脈硬化予防になり、血管の若さも保てます。

〈貧血予防〉

鉄分を豊富に含んでいます。貧血の予防や軽減はもちろん血液不足が改善されることから血液循環の改善や代謝向上が期待できます。

鉄分を効率よく補給したい場合にはビタミンCやクエン酸などと組み合わせて摂取するとより効果が得られます。

 

このように大豆をとることで多くの効果がえられます。積極的に摂取していきたいですね!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀