加湿器

秋の花粉症

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

花粉といえば春のイメージが強いですが、つらい鼻炎を引き起こす花粉はスギ花粉、ヒノキ花粉以外にもほぼ一年を通して日本中で飛散しています。

そこで今回は秋の花粉について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の花粉〉

夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物にはキク科のブタクサやヨモギなどがあり、全体の15%の人がこの季節に目や鼻の症状を訴えています。

秋の花粉症の原因であるキク科のブタクサやヨモギは河原や公園、空き地など市街地にも多く生息しています。

秋の花粉症であることを自覚しないままジョギングや散歩のときに吸い込んでしまい、症状を悪化させる例もあります。

スギ花粉などのアレルギー性鼻炎の方は秋の花粉症にもかかりやすいのでこのような場所の近くを避けるなど適切に対処が必要です。

〈春と秋の違い〉

春のスギ花粉の場合は花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状

とされています。一方秋の花粉症のひとつであるブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。

花粉の特徴によって症状がかわる場合もあります。

気づかずに放置してしまうと大変なので鼻むずを感じたら早めの対処が必要です。

〈花粉対策〉

秋の花粉症の原因となる植物は丈が低く、春のスギやヒノキの花粉が高い位置から風にのって10キロも飛散するのとは違って数10メートルほどの範囲しか

飛散しません。そのため原因となる植物のはえている場所を知って近づかないことが大切です。

またほかの手段としては、

・うがい、洗顔で花粉をおとす

・マスクやめがねを使って付着を防ぐ

・帰宅時には服をはたいて花粉をおとす

・こまめな掃除

・空気清浄機や加湿器の使用

といったことが挙げられます。

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬が乾燥すると言われる理由

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

寒くなるにつれマスクの方が街に増えますね…

風邪を引いておられる方、風邪を予防している方、乾燥予防のため、人それぞれです‼

最近私ものどが乾燥しがちなのでマスクをかけることも多々あります。

今日は今気になる乾燥について書いていきます。

夏はじめじめ、湿度が高いイメージがありますが

冬は乾燥しているイメージが強いです 🙁 

冬に乾燥すると言われる理由としては、地域で異なり、

乾燥は日本全体がしているわけではないそうです!!!

 

 

 

 

 

冬の高気圧は北のシベリアのほうからやってきます。

日本に来るときに日本海を通りますが、そこで高気圧は多くの水分を吸収します。

日本に着いた頃には日本海側に大量の雪を降らせるといった理由です。

しかし、空気が日本の山々を超えて太平洋側に移っていくなかで、

水分はほとんど無くなってしまいます。

よって、太平洋側には乾いた風ばかりが吹きます。

よって、低湿度(乾燥)となるのです。

つまり、冬は乾燥する…というイメージは、主に太平洋側の人たちの持つと言えます。

逆に日本海側は湿っているので乾燥知らずということです 🙄 

 

 

 

 

 

空気、お肌が乾燥すると

火災が増えたり風邪をひきやすくなったり、化粧ノリがよくなかったり(肌が乾燥して)

嬉しくないことが多いですよね 😥 

太平洋側の地域に住んでいる以上“冬の乾燥”はついてくるものです…

私たちができる乾燥予防として

・部屋に加湿器を置く

・水分をこまめにとる

・マスクをする

・観葉植物を置く

・お風呂場のドアを開けておく

・洗面器やコップにお水を入れる

・濡れたタオルを干す

などがあります。加湿器がないという方でも簡単にできます。

乾燥でお悩みの方是非実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お気軽に体の悩み相談してください。

お待ちしております🍀