予防

ささくれは乾燥のせいだけじゃない?指先から健康になるためには

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です。

寒い日が続き、洗濯や風呂掃除など水を使う家事は手がかじかんで嫌になってしまいますね。

そんな時急に指先に痛みが・・・と思ったらささむけができているときはありませんか?

寒い時期は特にできやすくてしみてしまいます💦

そんなささむけはどうしてできてしまうのでしょうか?

今回はささむけの原因と予防についてお話ししたいと思います!

 

 

 

 

ささむけは主に爪の根元部分にできます。

その辺りの皮膚組織は薄く、指先の方に繊維が向かっています。

皮膚が薄いため、裂けたりめくれたりしてさかむけになります。

その原因となるのが、乾燥や栄養不足、油分不足などです。

水を使う仕事をしているとできやすいと言われますが、水を使っているならむしろ潤っているのではないか?と思いますよね。

ですが、仕事を終えて乾かすときに必要な水分まで乾かしてしまうことによりさかむけができてしまいます。

油分不足は、食器を洗う時に使用する洗剤に含まれる成分が指先に必要な油分まで落としてしまうからです。

また、皮膚はタンパク質やビタミン、カルシウムなど多くの成分で構成されています。

そうした成分が不足してしまうと皮膚を再生する能力が落ちてしまい、ささむけができやすくなってしまいます。

さらに女性に多いのですが、ネイルをすることによって過分に甘皮を処理してしまったり、リムーバーに含まれる「アセトン」という成分が指先の油分を奪ってしまうことによってささむけができやすくなります。

デスクワークや紙を多く扱う方も水分がなくなってしまうので注意しましょう!

 

 

 

 

ささむけの予防としては、保湿とバランスの良い食事になります。

保湿成分の含まれたハンドクリームをこまめに塗ったり、食生活を見直してタンパク質やビタミンをしっかりとるようにしましょう!

また、できてしまった場合は無理に引っ張って皮をはがさないようにしましょう。

服に引っかかってしまったりして気になるようなら、専用のはさみでカットしたり絆創膏などで押さえたりしてください。

無理にはがしてしまうと、傷口から菌が入って化膿してしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

できてから痛い思いをしなくてもいいように、こまめにケアをして指先から健康に美しく過ごしましょう!!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

目の下のクマにも種類がある!?解決するには○○をすること!

こんにちは!

 

まだまだ盛り上がる平昌オリンピック

昨日女子パシュート素晴らしかったですね!

金メダルおめでとうございます!

 

まだまだ気になる競技が目白押し!

女子フィギュアスケートのフリースケーティング

女子ビッグエアに男子ノルディック複合の団体と・・・

今日もしっかり応援したいです!

 

そんな僕のようにテレビに食い入るように見ている方多いのではないでしょうか?

テレビだけではなく、パソコンや携帯など目の酷使をしたり夜遅くまで見ていて寝不足・・・

 

そんな次の日に現れる、目の下のクマ

気になりますよね?

 

 

 

 

 

 

それにも種類があるってご存知ですか?

 

それを紹介しつつくまの予防・撃退方法を紹介していきます。

 

◎クマの種類

クマの種類はクマの色で判別できると言われています。

 

〇青っぽいクマ

目の周りは他の皮膚に比べて薄くなっています。

さらに毛細血管が多く通っている場所です。

その毛細血管の血流が悪くなると血液に含まれる酸素や栄養が行き届かなくなります。

結果血液中の赤い成分である赤血球が少なくなるので血液の色が変化し青っぽくみえるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

体の冷えや肉体疲労・眼精疲労・筋肉の固さや睡眠不足ホルモンバランスの乱れなどが原因の場合

青っぽいクマが出やすくなります。

 

〇黒っぽいクマ

 

 

 

 

 

目の周りは皮膚が薄く脂肪も少ない場所です。

老化などによって目の周りの筋肉が弱くなり皮膚がたるみことでできる

くぼみによって皮膚が黒く見えるのが黒っぽいクマです。

 

〇茶色っぽいクマ

 

 

 

 

 

目元を良くこすってしまったり、メイクなどでの摩擦やメイク汚れの洗い残しなどによる

色素沈着が原因です。

これも青っぽいクマと同様の状態の時に起こりやすく

血行を改善してあげることや美白ケアを行うことで改善・予防をすることができます。

 

 

◎予防・改善のために気を付けること

〇目元を温めて血行促進

目が疲れたら温めるということは皆さんご存知だとは思いまし・

目元は眼球を動かしたり、瞬きをしたり、支えたりとたくさんの働きを

小さな筋肉で頑張っています。

起きている間はその筋肉がずうと仕事をしているわけで

パソコンや携帯を見る時間はいつも以上に仕事量が増えているんです。

当然疲れますよね?

 

温タオルやペットボトルにお湯を入れたペットボトル温灸などや

ドラッグストアで売っている目元のマスクなどはおススメです!

目元を温めることで筋肉の緊張を和らげ、血行を促進させてあげることが

クマの予防・改善の基本です!

 

その他に体全体の冷え、特に腰やお腹周りも原因になるのでそちらも一緒に温めてあげてくださいね!

 

後は目元の美白ケア

摩擦は美肌の敵と言われているのでゆっくり押し込ぬようににするのが大事!

ビタミンC誘導体やアルブミンが含まれるものがおススメです!

 

最後はたるみに関するケアです

目を大きく開けることや眼球を動かすということも

筋肉の衰えを予防すること+血流の完全にもなるので

是非やってみてください!

 

そしてなんといっても美容鍼灸はおススメです!!

当院では目の周りの刺鍼でも筋肉の活性化や血流改善だけでなく

目の筋肉とつながる頭の筋肉への刺激や目の下へのお灸による温刺激も行っていきます!

 

僕自身も受けたるするのですが終わった後の目がスッキリすることと言ったら最高ですね!

 

目のクマが気になる方、目の疲れを感じるかたにも美容鍼灸はおススメなんですよ!

是非是非お試しあれ!!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

冬が乾燥すると言われる理由

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

寒くなるにつれマスクの方が街に増えますね…

風邪を引いておられる方、風邪を予防している方、乾燥予防のため、人それぞれです‼

最近私ものどが乾燥しがちなのでマスクをかけることも多々あります。

今日は今気になる乾燥について書いていきます。

夏はじめじめ、湿度が高いイメージがありますが

冬は乾燥しているイメージが強いです 🙁 

冬に乾燥すると言われる理由としては、地域で異なり、

乾燥は日本全体がしているわけではないそうです!!!

 

 

 

 

 

冬の高気圧は北のシベリアのほうからやってきます。

日本に来るときに日本海を通りますが、そこで高気圧は多くの水分を吸収します。

日本に着いた頃には日本海側に大量の雪を降らせるといった理由です。

しかし、空気が日本の山々を超えて太平洋側に移っていくなかで、

水分はほとんど無くなってしまいます。

よって、太平洋側には乾いた風ばかりが吹きます。

よって、低湿度(乾燥)となるのです。

つまり、冬は乾燥する…というイメージは、主に太平洋側の人たちの持つと言えます。

逆に日本海側は湿っているので乾燥知らずということです 🙄 

 

 

 

 

 

空気、お肌が乾燥すると

火災が増えたり風邪をひきやすくなったり、化粧ノリがよくなかったり(肌が乾燥して)

嬉しくないことが多いですよね 😥 

太平洋側の地域に住んでいる以上“冬の乾燥”はついてくるものです…

私たちができる乾燥予防として

・部屋に加湿器を置く

・水分をこまめにとる

・マスクをする

・観葉植物を置く

・お風呂場のドアを開けておく

・洗面器やコップにお水を入れる

・濡れたタオルを干す

などがあります。加湿器がないという方でも簡単にできます。

乾燥でお悩みの方是非実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お気軽に体の悩み相談してください。

お待ちしております🍀