不眠

睡眠⑬ 昼間の眠気

こんにちは!

毛利陽介です!

 

前回は不眠の中医学的弁証分類を紹介しました。

不眠と同様に、その他の症状にも弁証分類があります。

 

・嗜睡

「嗜睡とは、昼夜を問わず眠りたがり、呼ぶとすぐに覚めるがまた眠ってしまう状態」

 弁証分型

①湿困脾陽

②心脾両虚

③腎陽虚

④腎精不足

 

睡眠障害国際分類では中枢性過眠症群の項目があり、ナルコレプシーなどがここに分類されています。

他にも、パーキンソン病やうつ病に伴う過眠症や一部の処方薬が原因になる場合もあります。

 

我々鍼灸師は、現代西洋医学と東洋医学の両面から身体や症状を診なければならないと私は考えています。

患者さんの話を詳しく伺い(問診)、身体を詳しく診察し(体表観察)、最適な治療法と養生法を考えます。

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

睡眠⑫ 中医学的弁証分類

こんにちは!

毛利陽介です!

 

前回は不眠を引き起こしうる疾患や症状が数多くあることを紹介しました。

また、国際分類で紹介した、睡眠関連呼吸障害や睡眠関連呼吸障害なども不眠症を引き起こす可能性があります。 

 

今回は東洋医学的な睡眠障害の分類を紹介したいと思います。

中医学では、不眠や嗜睡(日中の眠気)の他、寝汗・多夢・夜間頻尿・歯ぎしり・夜尿(寝小便)といった睡眠に関連する症状に対する弁証分類もあります。

中医学の弁証分類では、その人の症状を体質や生活環境などと共に考察し、五臓六腑や気血津液などの分類により弁証を立てます。

 

例えば、不寝(不眠のこと)については以下のように説明・弁証分類しています。

「不寝とは、つねに睡眠が不足することを言い、寝つきが悪い・すぐに目が覚めてなかなか寝つけない・甚しければ夜通し眠れないなどの症状も含める。」

不寝の弁証分型

①心陰虚

②心腎不交

③心脾両虚

④胆気虚

⑤肝胆鬱熱

⑥痰熱擾心

⑦心火

⑧余熱擾膈

例えば心陰虚の不寝は、心(五臓の一つで循環器系や精神をつかさどる)の陰(血や津液など)が虚(不足)することにより起こります。

 

疼痛(痛み)・喘咳(咳喘息)・瘙痒(かゆみ)などで眠れないのは、中医学では不寝の範疇に入れず、治療には別の弁証分類が必要となります。

また、異常な暑さや寒さ・不適当な寝具・睡眠前の興奮性の飲料摂取・精神的刺激や考え事などで、たまに眠れないなども同様です。

但し、それらも当然治療の対象になりますので、別の弁証分類や中医学とは別のアプローチで治療します。

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

睡眠⑪ 不眠の原因

こんにちは!

毛利陽介です!

 

前回は睡眠障害の国際分類(ICSD-3)について紹介しました。

今回は分類Ⅰ.不眠症についてみていきます。

 

不眠症の原因として、何らかの基礎疾患がある場合があります。

この場合、その基礎疾患の治療も必要となるケースがあります。

 

例えば、頭痛や帯状疱疹、三叉神経痛、痛風、狭心症などは痛みにより不眠が引き起こされる場合があります。

他にはアトピー性皮膚炎であれば痒み、気管支喘息であれば喘息発作、膀胱炎や前立腺肥大などは頻尿による不眠が起きる可能性があります。

それ以外にも、パーキンソン病や高血圧、腎不全、胃潰瘍、糖尿病、甲状腺機能低下症、月経前症候群、鼻炎、子宮筋腫などでも不眠になる可能性があります。

 

鍼灸治療では、これらの基礎疾患の治療も並行して行うことも多くあります。

前出のICSD-3では、基礎疾患の有無に関わらず不眠に対する治療が必要であるとしていますが、不眠と基礎疾患の治療を並行して行うことがより有効でしょう。

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

寝つきの悪さ

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です。

 

不安定な天気が続くこの頃いかがお過ごしでしょうか?

院での話は今は明日決勝戦を迎える高校野球が多くなってますね!

 

だいぶ気候的には夜が寝やすくなってきましたがまだまだ寝つきの悪い方が多いようです。

 

なので今回は不眠の特効穴を紹介します!

 

失眠(しつみん)

不眠の原因

寝る前などに神経が高ぶると寝つきが悪くなると言われています。

心配事やストレスが多いと眠りが浅くなります。

あとは寝る前に明るい光が目に入ったりすると神経が高ぶるため寝つきが悪くなります。

 

失眠はそんな神経の高ぶりを落ち着ける効果のあるツボなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の裏側で踵の真ん中にあるツボです。

拳で軽くたたいたり、棒のようなもので押してあげることで効果が上がります。

せんねん灸やペットボトル灸も効果的ですね!!

 

寝つきが悪い人、寝る直前まで携帯やテレビを見ている人

是非お試しくださいね!!

 

ごくらく店ではワンコイン体験実施中!
ご予約はお電話📞052-701-8899
もしくはLINEでのご予約も出来るようになりました✨

 
 
 

 
こちらのQRコードを読み取ってくださいね!