ビタミンC

秋の味覚

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

だんだんと暑さも弱まり過ごしやすくなってきましたね。

そこで今回は秋の味覚である〈栗〉について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

秋の代表的な食べものとして挙げられる栗ですが小粒なわりに栄養がいっぱいつまっていることを皆さんはご存知ですか?

〈脳を活性化する〉

栗の栄養の中では炭水化物の含有量が極めて多く木の実の中ではトップレベルとなります。

炭水化物は糖質と食物繊維の総称をさし身体の中に蓄えられてエネルギー源となります。

脳や筋肉などは炭水化物なしでは働きません。なので炭水化物は脳のパフォーマンスを上げる上でも大切な栄養素であるということです。

ただ糖質の量も多いので食べすぎには気を付けましょう。

〈貧血予防や健康維持〉

栗にはミネラルの一種でもある銅も比較的多く含まれています。その含有量はナッツ類の中でもトップ10に入るほどです。

銅は赤血球のヘモグロビンをつくるためにも欠かせない成分で、鉄分の利用を促し貧血を予防する効果があります。

〈ストレスに強い体に〉

野菜や果物に多く含まれているイメージの強いビタミンCですが実は栗にも豊富に含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な栄養素で肌荒れや日焼け防止に効果があります。

また、ストレスに強くなるホルモンの合成を促したり抗酸化作用で老化のスピードを緩めたり免疫力の強化など優れた効果があります。

〈骨を健康に保つ〉

栗の栄養にはミネラルの一種であるマンガンが多く含まれています。

マンガンは三大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質の代謝にかかわる酵素の構成成分となるため代謝を促す効果を持っています。

またカルシウムとともに骨形成にもかかわるミネラルでもあるため、骨の再石灰化を促して骨粗鬆症の予防も期待できます。

〈美容効果〉

上記でも書きましたが栗にはビタミンCが多く含まれます。さらに、渋皮のの部分には強力な抗酸化作用をもつタンニンという成分が含まれています。

タンニンとはポリフェノールの一種でお茶やワインなどにも含まれる成分のひとつで老化を引き起こす活性酸素を除去したり、皮膚の保護作用があるため食事でできる

アンチエイジングケアとしてもおすすめです。特にシミなどの原因となるメラニンを抑制する効果があるので美白を目指すには皮の部分を意識して摂るといいです。

しかし、タンニンには鉄と結びついて鉄の吸収を阻害する働きもあるので適量を摂るように心がけましょう。

 

この秋はぜひ栗を効果的にとるようにしてみるのもいいですね^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

体が酸化するとは!?食べ物を意識するだけで老化予防!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

今回は“酸化”をキーワードにブログを書いていこうと思います!

 

“酸化”とは…物質が、酸素と結び付くことをいいます。

 

酸素と結びつくと言われてもなんだかピンときません。

例えば、鉄でいうと酸化すると赤い錆に変化してしまいます。一般的には錆びた、などといわれています。

このように、物質は酸化すると、性質を変えてしまうのです。

酸化というと物質にだけ酸化が使われていると思いがちですが、

人も酸化されているんです……!!!

 

何をすれば酸化はされるのか…

もうわかってしまう方もいらっしゃると思いますが、呼吸をするだけで酸化されています。

そして、酸化と切り離せないものは活性酸素です。

活性酸素とは物資を酸化させる力がとても強い酸素のことです。

人間は酸素と吸って体の中にある栄養素と結びつけてエネルギーを生み出していますが、余ってしまった酸素が活性酸素となり、体の機能に支障を与えています。

酸素を吸っている限り、活性酸素もつくられています。

そして活性酸素の発生量は年齢とともに増えるということです… 😐 

 

 

 

 

 

 

活性酸素は、臓・がん・糖尿病などの機能低下といった生活習慣病やシミ、シワ、白髪といった老化の原因の一つともいわれています。

健康で元気な身体を保つには活性酸素を増やさないことがポイントです!

そこで、大切なのが抗酸化物質です。酸化を防ぎ、活性酸素を減らしてくれるという役割をしてくれます!

 

何をしたら抗酸化物資はふえるのか…食べ物について紹介します!!!!!!

抗酸化作用のある食べ物はビタミンCビタミンE、ポリフェノール類、ミネラル類などがあげられます。

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンCは緑黄色野菜(パプリカ・ブロッコリー・青菜類等)、フルーツです。

ビタミンCの食べ物は生で食べることがおすすめです。

 

ビタミンEは植物油(ひまわり油・べに花油など)、ごま・アーモンド・ピーナッツです。

植物油をつかって緑黄色野菜をいためて食べると他のビタミンも同時にとれるのでおすすめです!

 

ポリフェノール類はプルーン・リンゴ・赤ワイン・コーヒー・紅茶などです。

フルーツの場合は皮にもポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごとたべるのがおすすめです!

 

ミネラル類は海藻(わかめ・のり・昆布など)、海鮮類、納豆などです。

ミネラルは熱にも強くて、水に溶けやすい性質です。煮込み料理の場合は煮汁ごといただいてください。

 

老化が気になるやシミしわが目立つ…とお悩みの方、

毎日の食事を意識することで、老化は食い止められます。

食事の他にも普段の生活を見直して、気を付けるだけで改善できます!

 

老化予防にもなるので、是非試してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

新じゃがの栄養

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

3月に入り少しずつ暖かくなってきましたね。最近ではスーパーで新じゃががならんでいるのを目にするようになりました。

そこで今回は新じゃがについて紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

新じゃがとは冬に植えたじゃがいもを通常よりも早採りしたもののことを言います。

大きな定義はなく、九州では3月~、関東では6月ごろ、北海道では7,8月に出回る通常より早く収穫したもので一般的には春先に出回ることが多いです。

新じゃがの皮は薄いので皮ごと食べることができます。その皮は栄養満点なんです!

新じゃがに限らず、野菜は皮と実の間の部分にたくさんの栄養を蓄えているといわれています。

またじゃがいもはアルカリ性なので肉や油料理の付け合わせに使うと体内の酸化を防いでくれる効果があります。

〈食物繊維〉

皮ごと食べられるので、不足しがちな食物繊維を摂ることができます。便秘気味の方におすすめです。

春には環境の変化などから便秘になる人が増える季節です。食事からも改善していくといいでしょう(^^)/

〈ビタミンC)

新じゃがの特徴としてビタミンCが多く含まれています。なんとレモンにも匹敵するぐらいなんです!

じゃがいもに含まれるビタミンCは安定しているため加熱しても壊れにくいという特徴ももっています。

ビタミンCはストレスがかかると大量に消費されてしまいます。たばこを吸う方もストレスもビタミンCが不足しがちになります。

会社や学校でストレスを抱えている方のストレス対策にもなります。

また肌にもよく、コラーゲン生成も助けてくれる成分だけでなく血管や神経に対しても効果的な働きをします。

〈カリウム〉

カリウムはナトリウムを外に出すのを手助けしてくれ、余分な水分を外に出してくれます。

水分代謝をよくすることでむくみがちな方も改善に向かう場合もあります!

 

じゃがいものカロリーは実はご飯の半分なんです!さらに満足感も味わえます。

太るという考えてる方も多いと思いますがそれは間違っています。

 

新じゃがは普通のじゃがいもより水分が多いため、日持ちしにくいので2週間ぐらいで食べてしまったほうがいいです。

食べ方としてはしっかり洗って皮ごと調理することで、余すことなく栄養を摂取することができます。

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のイチゴで健康になろう!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です。

最近外食をしたりするといちごフェアをしているお店をたくさん見かけます。

おいしくてたくさん食べたくなるのですが、水分が多いのですぐお腹いっぱいになってしまいます(^^;

いちご狩りも行きたいのですが、時間がなくてなかなか行けません・・・。

甘くて食べやすいいちごが好きな方は多いのではないでしょうか?

そんないちごはおいしいだけではなく、健康や美容にも効果があるのです!!

 

 

 

 

 

 

いちごは甘みの印象が強いですが、糖質含有量は少なくカロリーも低めです。

ビタミンCやアントシアニンといった抗酸化やコラーゲン生成促進効果のある成分が多く含まれており、アンチエイジングや美肌など美容面でも注目されています!

抗酸化物質はコレステロールが酸化されることでできる過酸化脂質の生成を抑制するので、血栓・動脈硬化の予防になります。

また、炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質の三大栄養素の中では糖質含有量が高く、果物類の中では比較的多くタンパク質を含んでいます。

糖質の一種である果糖は食べてからのエネルギー変換が早いため、エネルギー補給や疲労回復に即効性が期待できます。

先程も挙げたビタミンCですが、ストレスや紫外線、タバコやお酒、有酸素運動、パソコンやスマホの使用で消費されると言われており、現代人にとっては消費が激しいビタミンの一つとされています。

ストレス軽減にもなりますが、体内に保留できる時間が短いため、サプリなどで摂取目安である100mgを一度にとってしまうのではなくいちごでこまめに補給した方が効果的です!

 

 

 

 

 

 

美味しいいちごは「色」「形」「ヘタ」で見分けることができます♪

まず「色」は表面に光沢があり、ヘタのところまで真っ赤なものを選びましょう!

黒ずんだ赤色のものは熟しすぎているので注意しましょう。

次に「形」は種を覆うように実が盛り上がっており、小さめで少しいびつな形のものだと甘味がギュッと詰まった完熟のものが多いです。

お店で売っているようなものだといびつな形のものはあまりありませんが、いちご狩りだとあまり選ばれなくて残っているかもしれません。

最後に「ヘタ」は上に反り返って実から離れており、緑色が濃いものが完熟したいちごの証です!

 

子どもから大人まで楽しめるいちごで美容や健康に気を使えるなんてお得ですね(*^^*)

お値段が高いものもありますが、これから旬の終わりに近づくにつれ安くなるものもあります。

おいしいいちごを食べて元気になりましょう!!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

インフルエンザ予防

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

毎年この時期になるとインフルエンザが流行します。インフルエンザにかかると高熱がでたり咳やのどの痛みなどの症状がでて大変ですね。

なので今回はインフルエンザについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まず、症状ですが、高熱を伴って急激に発症します。さらに食糧不振や関節・筋肉痛、咳やのどの痛みなどもあらわれます。

また風邪が1年通してみられるのに対しインフルエンザは冬場に流行し1~3月にピークを向かえます。

次に予防に関してです。

〈手洗い〉

インフルエンザなどの感染症は手を介して体内に侵入することが多いと言われています。日常生活で私たちが触れる様々な場所にウイルスは付着しています。

ウイルスがついた手で食事をしたり、口元を触ったりしてしまうと体内に侵入してしまいます。侵入を防ぐためにもこまめに手を洗い、

できるだけウイルスをとり除くことが大切です。

〈水分補給〉

水分が不足すると鼻の奥にある粘膜の粘液分泌量が減ります。そうなると外から入ってきたウイルスの排出がされにくくなります。

緑茶に含まれるカテキンは殺菌効果が期待できるとされています。意識的に緑茶で水分補給することが予防につながります。

〈人混みを避ける〉

人混みでは飛沫感染や接触感染が起きやすくなるため避けたほうがいいです。

〈休養と食事〉

体が疲れた状態ではウイルスに感染しやすくなります。抵抗力を高めるためにも十分な休養とバランスの取れた食事をとることを心がけましょう。

予防効果の高い食材としては生姜やかんきつ系があります。生姜を摂ると粘膜に付着したウイルスと戦う力である抗ウイルス性物質の分泌を促す効果があります。

かんきつ系にはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCを1日に500mg摂るとインフルエンザや風邪にかかるリスクは少なくなるとされています。

 

予防意識を高めてインフルエンザにかからないように気をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀