ニキビ

腰痛、首肩こりの原因

こんにちは!

毛利陽介です!

 

前回は認知行動療法について書きました。

今回もそれに関連したお話しです。

 

首や肩、腰や膝の痛みを持つ方は非常に多いのではないでしょうか。

ジョン・サーノはこれらの痛みの疾患の多くはTMS(緊張性筋炎症候群)によるものであると説明しています。

「TMSとは、軟部組織に生じる良性の生理的変化であり、それを引き起こすのは感情をつかさどる心である。」

サーノ博士はこのように述べていますが、これだけではよく分からないと思うので、以下で詳しく説明します。

 

通常、腰や首肩、腕や脚の痛みやしびれといった症状は、外傷や組織の退行変性(ヘルニアや脊柱管狭窄症)、神経痛、使い過ぎによる腱炎や靭帯炎が原因とされることが多いと思います。

それに対しサーノ博士は「感情をつかさどる心」がそれらの症状を引き起こすとしています。

具体的には、「受け入れがたいがために抑圧された感情」(例えば不安・怒り・劣等感・自己愛といった感情)が原因になり、それらの感情に意識を向けさせないために体が作り出した症状がTMSの正体です。

 

感情の抑圧が症状を引き起こすプロセスは以下のようになります。

感情の抑圧⇒自律神経系が反応⇒血管収縮⇒血流減少⇒酸素欠乏⇒筋肉・神経・腱・靭帯の痛み・しびれ感・麻痺・筋力低下

 

次にTMSの治療について見ていきます。

治療の方法はいたってシンプルで、容易に行えるように思えるものですが、実際に実行し継続することは難しいことも多いでしょう。

1.TMSに関する正しい情報をしっかりと理解すること

2.その情報に従って行動すること

つまり、

・痛みは「不安や怒りなどの抑圧された感情」によって起こるのであって、構造の異常や激しい運動によるものではない

・TMSは感情から注意をそらすために存在するので、痛みの原因が抑圧された感情であることを理解することで痛みは消失する

・身体を動かすことに問題はなく、むしろ積極的に動かすべきである

・痛みを感じた時には、抑圧された感情の原因(それは人によって、家庭での問題や職場での問題、結婚や出産、転職、昇進、引越、家族の病気、経済的問題など様々でしょう)に目を向ける

以上のポイントを理解し実行することです。

 

因みにサーノ博士はTMS類似疾患として、胃十二指腸潰瘍や過敏性腸症候群などの消化器症状、花粉症、喘息、頭痛、湿疹、ニキビ、めまい、耳鳴り、頻尿といった症状を挙げています。

これらの疾患の治療も基本的にTMSの治療に準じます。

 

対症療法ではなく根本的に治療することは、私の治療における根本理念の一つです。

今後も勉強を続け、一人でも多くの患者さんの手助けができるよう、精進します。

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

ニキビは身体のSOSサイン!?ニキビのできる場所にも原因があるんです!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

女性の肌のお悩みの一つであるニキビについて今回は書いていこうと思います!

 

ニキビには主に思春期ニキビと大人ニキビがあるのはご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

思春期ニキビとは、おでこや鼻まわりのTゾーンによくできます。

年齢は中学生ぐらい、いわゆる思春期と言われる時期にできやすいといわれます。

成長におけるホルモンバランスの影響が原因で、男性ホルモンにより皮脂の過剰に分泌されることで

ニキビが発生します。一般的には思春期を過ぎて、ホルモンバランスが整うと、比較的できたニキビも落ち着いてくると言われています。

 

大人ニキビとは、あごや口周り、フェイスラインとUゾーンによくできます。

同じ場所に繰り返しできやすく、治りにくいと言われています。

ストレスによる過剰な男性ホルモンの分泌による、皮脂量増加、角質肥厚、活性酸素など様々な原因から起こると言われています。

 

思春期でニキビに悩み、良くなってきたと思っていたら

またニキビで悩む…ニキビで肌のお悩みを抱えている人にとってはニキビができるだけでストレスを感じてしまいます…

食生活が乱れている、月経前、疲れがたまっている、これらのことでもニキビはできる可能性はあります。

ニキビができてしまった…と気づいても最近食生活が乱れているからなぁと思ったり、なんとなーく理由を見つけて

ニキビを早く治るように努める方が多い気がします。

 

しかし、なんとなくできたと思っているニキビに体のSOSサインが隠されているんですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

◎生え際

シャンプーリンスのすすぎが不十分であったり、整髪剤の影響など。

 

◎おでこ

自律神経が不安定、睡眠不足など。

 

◎目の周り・眉

ホルモンのアンバランス、眼精疲労。

 

◎こめかみ

ストレスがある、イライラしやすい、精神的な疲労。

 

◎頬の上

副腎機能の低下、婦人病・月経異常、便秘。

 

◎頬の下

下半身の冷え、便秘、肝機能の低下。

 

◎口周り

食べ過ぎ、ビタミン不足。

 

◎あごまわり

冷え、消化器系の弱り。

 

◎首筋・背中

婦人科系の弱り。

 

出来る場所にも原因があることがわかります。。。

いつも同じところにできてしまう、いつもできる場所が違う、人それぞれだと思いますが、

自分の身体のSOSサインを確認し、見直してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

大人ニキビと思春期ニキビ

当院で受けることができる美容鍼の効果には、肌質の改善や、小顔効果だけでなくニキビ対策にも効果があります。

 

 

 

 

 

《思春期ニキビ》・・・主にTゾーン、頬・鼻などの皮脂が多い部分にできやすい。赤ニキビ。

思春期から20代まではホルモンの分泌が活発なため、皮脂量が急激に増え、排出しきれずに残った皮脂が古くなった毛穴と混ざり、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

さらに、つまってしまった毛穴の中でアクネ菌が増殖すると、赤い炎症性のニキビになります。

思春期ニキビは、約90%以上の思春期男女が経験しますが、成長とともに皮脂量が減っていくため自然にできにくくなります。

 

《大人ニキビ》・・・主に乾燥しやすいUゾーン(顎や口周り)にできやすい。白ニキビ。

大人ニキビは皮脂の過剰分泌以外に、お肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)の乱れや乾燥などによるバリア機能の低下による角化異常などが原因です。

また、メイクの毛穴つまりや、女性ホルモンの影響により生理前に発生しやすいケースもあります。

ストレスや睡眠不足、偏食など生活習慣が大きな原因なっている場合はなかなか治らず繰り返し発生してしまう場合がほとんどです。

大人ニキビは、生活習慣の見直しや保湿などの正しいスキンケアが大切です。

 

 

さらに東洋医学では、おなかや足が冷えると、気球と同じ原理で暖かい空気が上に上がるので、首や顔に熱がこもってしまうと考えられており、赤ニキビはその行き場を失った熱が噴火したイメージだと考えられています。

特に肝臓の働きが悪くなると解毒作用が低下し、ニキビができやすくなると考えられています。

鍼でアプローチをすることにより血行を改善し免疫力を向上させると同時に、顔までしっかりと栄養が行き渡るように内臓の働きも整えます。
施術の効果は、肌のターンオーバーに合わせて2週間に1回の施術を重ねていくことで、ニキビのできにくい体質に改善していくことが期待できます。

さまざまなエステや化粧品を試してみたけどなかなか改善しないニキビにお悩みの方は、ぜひ美容鍼灸をお試しください☆

 

LINE@からもご予約できます!

☎052-701-8899