セルフケア

疲れ目のあなたに!効果的なツボをご紹介します!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

 

最近スマホを見続けたりパソコンとにらめっこしていたりで目が疲れているなと感じることがあります。

同じように疲れたと感じる方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

今回は疲れ目に効くツボをご紹介したいと思います!

 

まずは「晴明」という代表的な目のツボです。

目頭と鼻の付け根の骨との間、目頭から鼻に寄ったところのくぼんだ部分がツボで、目が疲れたとき、自然に手が行くところです。

眼球を押さないよう注意しながら垂直に押します。

目の周辺はとてもデリケートなので、ソフトに押しましょう。

 

次に「陽白」

瞳孔のライン上、眉毛から指幅1本分上の位置にあります。

頬骨の上端から下方へ指を動かすとある、くぼんだ部分のツボ「四白」と同時に刺激すればより効果が期待できます。

 

最後に「攅竹(さんちく)」です。

眉の集まるところ、つまり眉の内側にあるツボの意味です。

目頭の真上、眉根にあるツボです。

ドライアイにも効果的です。

 

寒い日が続いていますが、目の疲れを回復して晴れやかに過ごしましょう!

この時期だと花粉症で目がしんどいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方にもおススメなので、是非お試しください!

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

しもやけは冷え・温度差に要注意です!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

立春も過ぎてしまいましたが、冷え込む日々が続いていますね。。。

今年は気温差が激しいので、体調を崩された方、身体の調子がいまいち上がらない、という方も多く見られるようです。

皆さん、体調はどうですか?

私は4年ぶりに、しもやけになってしまいました;

冷えには気を付けていたつもりでしたが、爪が甘かったようです。。

今回はしもやけについて書いていきます。

しもやけは寒さや冷えによって血流が悪くなることで起こります。

冷気に晒されてしまうことで、手足が冷え、血行不良になることと皮膚の表面から乾燥によって水分が失われて同じく血行不良になることです。

さらに、寒さと暖かさの気温差で血管の収縮や拡張が繰り返されることで血液の循環に障害が起こり、しもやけができてしまうともいわれています。

冬になると1日の気温の変化が激しくなり、昼と夜の温度差が大きくなるので、この時期に症状が現れやすいといわれています。

しもやけは寒いからなるだけではなく、そこまで寒くないシーズンでも発生することがあるということです。

今年は特に昼と夜の温度差が10℃以上ある日が続いていたり、温度差が激しかったので、しもやけができやすいということです。

また、スポーツをやっている方も、たくさん汗をかき、そのまま放置してしまうことで、水分が一気に失われながらも体温まで低下してしまうことでしもやけになる場合もあるようです。

多汗症の方も、汗を放置するとその部位の体温が一気に低下するのでしもやけになる確率が高まります。

しもやけには様々な場合があることがわかります。

しもやけになってしまった場合の治し方は、血行を良くすることがおすすめです。

血行を良くするには、患部をしめるようなきつい靴下などははかないや患部を濡らさない、40℃程度のお湯につけて患部を温める、保湿効果や血行促進効果がある塗り薬を使うなどです。

かゆみがあまりにもひどく炎症を起こしているという場合にはステロイド外用剤を使う場合もあります。

万能な効果があるオロナインも使えるようです☆

血行を良くする食べ物も紹介していきます。

ずばり、ビタミンEを多めに含んでいる食べ物がよいといわれています。

ビタミンEは脂に溶けやすく脂質が酸化するのを防いでくれるので血管の細胞も守り、さらには血管を広げる作用もあるので血行不良対策には最適です。

ひじき・玄米・くるみ・黒ゴマ・黒豆といった黒い食材がよいといわれています。

その他にもナッツ類、うなぎやサバやイワシといった魚類・卵・アボカド・抹茶などがよいといわれています。

食べ物で摂取できないという方はサプリメントでも有効です。

しかし、しもやけができると痛みやかゆみでとても辛いため、予防するに越したことはありません。

しもやけの予防は、長時間身体を冷やさないことが最も大切です!

冷えは血流を悪くさせてしまいます。

寒さが厳しくなる季節には、厚手のソックスや手袋、マスクなどで冷えから身体を守り、特に末端部分は露出しないように心がけましょう。

手を温かいお湯で温めるのも効果的です。

すこしの工夫や心がけでしもやけ予防は可能です!

是非実践してみてください!

当院の受付嬢!?

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です!

今年の2月は例年に比べると暖かいですね!

寒いのが苦手な杉山には嬉しいことです!

今日は当院の受付嬢(?)を紹介します!

嬢といっていいのかは怪しいですが・・・

当院の受付を見守りつつ、美容鍼の宣伝をしてくれています!

なかなかの見た目ですよね!

初めて来た患者さんはびっくりしています。

女性の方だけでなく男性や学生さんも興味を示してくるので

受付嬢効果バッチリですね!

是非皆さんも受付嬢に会いに来てくださいね!!


当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

免疫アップ!?爪揉みの驚くべき効果!!

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です!

1月の後半になり暦でも大寒ですね。

朝晩はかなり冷えますが皆様体調は崩したりはしていないでしょうか?

杉山は何年かぶりに首を寝違えてしまいましたT-T

しかし鍼の治療により元気になりましたよ!!

今日は風邪を引きやすいこの時期にぴったりな

簡単に免疫力をアップしたり、自律神経を整えてあげられる

「爪揉み」について紹介していきます!!

爪は健康を表すバロメータだって皆様は知っていますか?

色やツヤ、線が入ってしまっているなど・・・

体調や精神状態が現れやすいと言われています。

他にも爪には多くの血管も通っており血流の改善の効果も期待できます!

さらに爪揉みをしていると、他のところと比べて痛みを感じるところを見つけることがあります。

そこには老廃物が溜まっていたり、ツボに反応が起きている証拠です!

しっかりともみほぐしてあげましょう!

~行い方~

爪を押して軽く痛みのある場所を探しましょう!

一般的にツボは爪の生え際の辺りにあるので

その辺りを刺激してあげてください!

1つの指だけを刺激するのではなく、バランスよくすべての指に刺激を与えてあげてください。

そして指によって効果が異なるのでご自身の体調に合わせて

刺激の量を変えてあげてください!

親指・・・呼吸器系

人差し指・・・胃腸などの消化器系

中指・・・耳鳴りなど

薬指・・・やる気のない時、眠くが強い時

小指・・・肩こり、腰痛、不眠など

大きく分けるとこのように分けられるので参考にしてみてください!!

◎揉み方としては親指の腹でゆっくりと揉む

◎親指と人差し指で挟んでこねるように揉む

是非どこでも簡単にできる爪揉みで神経を整え、血行を改善し、免疫をアップし

寒い冬を乗り越えましょう!!

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

白湯が良いと言われる理由って?

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

今回は題名の通り、白湯(さゆ)が体に良い理由を書いていこうと思います。

最近では、白湯を飲むと体に良い、ダイエットに効果的などといった様々な話題があり、よく耳にするかたもいらっしゃると思います。

しかし、意外と白湯って…どうやって作るの?お湯との違いは?といまいちわかりにくくもあります。

まずは、白湯とお湯の違いを書いていこうと思います。

水を沸騰させたものをお湯というのは皆さんご存知だと思います。

白湯は、お湯の状態からさらに水を沸かし続け、飲める程度に冷ましたもののことを示します。

沸騰させ続けることで、水に含まれている不純物を取り除き、身体にもやさしいということです。

では、そんな白湯を飲むおすすめのタイミングについても書いていこうと思います。

多くの人が実践している白湯の飲み方でおすすめなのが、朝起きた直後に飲むということです。

朝食を食べる前の胃に何も入っていない状態で飲むことで、腸内を浄化させて身体をキレイにしていきます。

また腸が刺激されるので便通も良くなり、朝からスッキリとできます。

さらに、体内が温まるので寒い冬でも一日中ぽかぽかと過ごせます。

基本の朝白湯を飲む習慣はとても健康にも良いので、続けることがおすすめです。

飲む量はマグカップに半分くらいの150g程度、お椀に一杯弱くらいがちょうど良い量になります。

飲みすぎも良くないので、お腹がタポタポにならないくらいにしましょう。

白湯を飲むと良い理由は、飲むと、胃腸などの内臓機能を温めることができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。

内臓機能の温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がると言われています。

内臓機能が温められることで内臓が活発に働くようになり、消化作用や血行も促進するため、

老廃物がたまりにくくなる(むくみや余分な水分など)、太りにくい体質、ダイエット効果が期待できるということに繋がります。

白湯ってなんだろう、いつ飲むのがいいんだろう、飲むと良い理由はとざっくり書かせていただきました!


白湯にレモンや生姜などを加え、アレンジするのも気分が変わって楽しめるはずです。

自分のお気に入りを探してみてもいいですね。

しかし、飲み過ぎると、体に必要な栄養素まで流してしまうので、適量を心がけてください!

冷え性や便秘、むくみでお悩みの方には是非実践してみてください☆



当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!



お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております。