スポーツ

夏に足がつる原因とは?つらないための予防策を紹介します!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

35℃を越える日々が続いていますね…みなさんはこんな真夏日にはどんな過ごし方をしていますか?

 

今の時代の夏はクーラーが好きではないから使わない、などといったことは通用しません…

クーラーをつけていると体が冷えたり、なんだかだるくなってしまうという方も多いと思いますが、

熱中症などのことを考えたらクーラーなどの空調機は欠かせないものとなっています 🙁 

 

しかし、快適に寝るためにクーラーをつけているのに、夜中に足がつってしまった、足が冷えてだるいといった

他の悩みが出てしまうのはなんだか悲しいですよね…

寝ている最中に足がつってしまうと、朝起きてからもだるさはつづきます。

 

今回は寝ているときに足をつらないための予防を紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

まず、ふくらはぎがつる原因は、大きく2つあります。

 

1つ目は、筋肉の異常収縮です!

体が疲れてしまうと、筋肉に老廃物がたまって硬くなってしまいます。

激しい運動をしていて、足をつったことのある方は上記の可能性が高いですね。

また、涼しい環境でも足がつってしまう場合も同様に、足や体が冷えた状態になると、筋肉も冷え、動きが悪くなります。

老廃物が滞り、たまってかたくなる、そんな状態を筋肉の異常収縮といい、つまり足がつるということに繋がるのです。

 

2つ目は、水分不足・ミネラル不足です!

水分が不足すると、血液の流れが悪くなり、体の各部に栄養を届けるという作業が滞ってしまいます。

つまり、筋肉の動きに不可欠なミネラルが不足し、上手く機能しなくなってしまうのです。

またミネラルは汗などと共に出て行ってしまいます。

ミネラルは体内で作り出すことのできない栄養素なので、食事などから摂取することが必要です。

水分不足は血行不良の原因になりますが、運動時や体調を壊した時などは、水分とともにミネラル補給も行うことが大切です!

 

 

では、具体的に予防策を紹介します。

 

・運動をした、汗をかいたときは水だけでなく、ミネラルも効果的に取り入る。

運動している方はスポーツドリンクなどで補給するのが良いと思います。

運動をしていない方がスポーツドリンクを飲む機会は中々ないと思います。

海藻やキノコ類、ほうれん草、納豆と身近にある食べ物でミネラルを含んでいるものはたくさんあります。

汗のかきやすいこの時期に意識して是非摂ってみてください!

 

 

 

 

 

 

・体が疲れているときは筋肉をほぐしてあげる。

沢山歩いたり、運動をしたから、と疲れている原因が明らかにわかっている方はセルフケアもしやすいと思います。

しかし、なんだか体がだるいや疲れている方もしっかりケアをしてもらいたいです。

いつもはシャワーで済ませてしまう方も、ゆっくり入浴してみてたり、

ストレッチをすることで、冷えてかたまった筋肉や老廃物が流れやすくなります。

 

 

 

 

 

 

予防していても足をつってしまうことももちろんあります。

そんな時は、ゆっくり呼吸をしながらつってしまったところを伸ばしてあげてくださいね!

足がつってしまう、という方は是非実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

キレイな「姿勢」と「体型」を手に入れよう② ーキレイは身体の内側からー

こんにちは!

毛利陽介です!

 

ワールドカップも大詰めです。

毎試合10km以上走る選手たちの心肺機能はすごいですね。

 

 

 

 

 

 

前回に引き続き、正しい身体の使い方をすることで良い「姿勢」と「体型」を手に入れることをテーマに進めていきます。

前回は「大腰筋」というインナーマッスルについてお話ししました。

今回は大腰筋よりもさらに中心と言っても良い、あの筋肉について説明します。

それは…「横隔膜」です!

横隔膜と言えば、皆さんご存知(!?)、呼吸筋です!

あまり筋肉としてのイメージはないかもしれませんね。

今回はこの横隔膜の使い方、つまり良い呼吸の仕方について説明します。

 

 

 

 

 

 

 

呼吸というのは、実はあらゆる身体活動の中でも異質なものなのです。

例えば、歩いたり、食べ物を噛んだりする動作は意識的に行います。

これらの動作に関与する筋肉は「随意筋」と呼ばれ、運動神経によって支配されます。

一方、心臓が拍動したり、食べ物を消化したりする活動は無意識に行われ、意識的に心臓を止めるといったことはできません。

これらの活動に関与する筋肉は「不随意筋」と呼ばれ、自律神経によって支配されます。

では呼吸はどうでしょうか。

呼吸は意識していなくても常にしているものであり、同時に意識的に呼吸をすることもできます。

心臓と違い、意識的に止めることもできます。

従って呼吸というのは、身体の中心を使う動作であり、自律神経に直接働きかける唯一の随意運動と言えます。

深呼吸で落ち着くというのも理に適っているということですね。

 

呼吸の仕方には大きく分けて4種類あると言われてます。

胸式呼吸、腹式呼吸、逆腹式呼吸、密息の4つです。

 

①胸式呼吸

息を吸う時に胸が膨らみ吐く時に収縮します。

横隔膜はあまり動きません。

現代の日本人に多いと言われています。

 

②腹式呼吸

横隔膜が上下することで、吸う時にお腹が膨らみ吐く時に収縮します。

身体全体を使う呼吸です。

 

③逆腹式呼吸

腹式呼吸とは反対に、吸う時にお腹がへこみ吐く時に膨らみます。

ヨガやピラティスで使うようです。

 

④密息

息を吸う時も吐く時もお腹が膨らんだまま動かさない方法です。

沢山の空気を素早く取り込めるという特長があります。

 

この中で、密息が最も日本人の身体に合った呼吸法です。

密息は身体の外側の筋肉を使わずに行うので、姿勢が安定し、日本人にとって正しい身体の使い方ができます。

 

あまり馴染みのない呼吸法ですから、簡単にやり方を説明します。

①息を吸う時にお腹を膨らませます。

②お腹を膨らませたまま息を吐きます。

③その状態のまま息を吸い、吐くを繰り返します。

とてもシンプルですね。

以下は意識すると良いポイントです。

①力を抜く

②下腹部を意識する。

③骨盤を後傾させて行う。

 

正しい呼吸を身に付けることで、自律神経のバランスが整い、リラックスできます。

さらに集中力も高まり、良い姿勢も手に入れられます。

大腰筋や横隔膜といった身体の中心、内側を上手く使えるようになることで健康でキレイな身体を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

鍼灸師・トレーナーが教える綺麗な足!!

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です!

 

めちゃめちゃ暑いですね・・・

連日の真夏日、湿気

体調は崩していないですか?

患者さんを診ていてものどが痛いという方がちらほらみえるので

皆さんも気を付けてくださいね!

 

突然ですが・・・

皆さん足に靴下のあとやサンダルのひもの後ってついてないですか?

この時期は薄着になりサンダルなどを履く機会が多くありますよね?

そこでむくんでたりすると格好悪いですよね!

 

ということで今回は脚のむくみの原因や自分がむくんでいるのか?や

鍼灸師よりむくみに効くツボ、トレーナーより体操を紹介していきます!

足のむくみの原因を知ることにより、その予防をすることができます。

なのでしっかり知識をつけて予防をしていきましょう!

 

では足のむくみの原因は一体何なのでしょうか。

むくみとは、静脈やリンパの流れが滞り、老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう状態のことをいいます。

足のむくみは自分で確認することができます。

一つは、ふくらはぎのだるさ。

これは大多数の方が経験したことがありますよねT-T

 

確認の仕方としては
◎ふくらはぎに弾力性がなく、ブヨブヨとしていないかどうか。
◎足首の少し上を、指で20~30秒間押さえ、指を離した時に、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいると確認できます。

足のむくみの原因は、立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を続けて血流が妨げられるというのが最も多いと言われています。

他にも運動不足、睡眠不足、冷房、ストレス感、足を締め付ける靴、ヒールの高い靴、血流が妨げられる締め付ける下着なども原因となります!

下記で、「脚のむくみやすさチェック!」をしてみましょう!
チェック項目が多いほど要注意ですよ!

 

□夕方になると靴がきつくなる(入らない)
□脚がダルかったり重かったりする
□朝になってもむくみがとれない
□手・足の先が常に冷たい
□脚を指で押した跡が消えにくい
□汗をあまりかかない
□肩こりがひどい
□お風呂はシャワーで済ませる
□熟睡できないことが多い
□立ちっぱなしor座りっぱなしでいることが多い
□運動する機会が少ない
□仕事でストレスがたまりがち
□塩辛い味付けを好む
□野菜や果物をあまり食べない
□お酒をよく飲む
□水分をあまり摂らないor摂りすぎる

 

足のむくみの原因は大きく4つあると言われています。

①生活習慣の乱れ
食事や運動などの生活習慣はむくみと大きな関係があると言われています。
塩分や糖分、水分の過不足、また、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。

②老廃物が溜まっている
ふくらはぎの筋肉を使って血管やリンパの流れる管をポンプにように動かし、老廃物を上半身へと流し体から出していきます。
しかし筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、老廃物を上半身に流すことができず、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみが生じてしまいます。

③冷え
冷えは日本人の女性約8割が悩んでる症状だと言われています。
冷えは筋肉の動きを鈍くさせ、ポンプの働きを邪魔させます。すると②で書いたようなことを助長させてしまいます。

④運動不足
上にも少し書かせていただきましたが、運動不足はふくらはぎはもちろん全身の筋肉の不活性を起こします。
そうすることで体の循環機能が低下し、老廃物を体内に貯めることになります。

 

 

ではむくみを解決するために、予防するためにはどうしたらいいのか?
もちろん体の下から上に向かってのマッサージも有効ですが、今日は鍼灸師、トレーナーから方法をお教えしますね!
◎ツボ:三陰交

 

 

 

 

このツボは有名なツボなのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
女性のホルモンのバランスを整える、生理痛の緩和、消化器系の不調などがよく言われる効能ですが
体の下に出る症状を上へ向かわせるという効果もあると言われています。
なので下に溜まった余分な水分などを上方へ向かわせる力を生むツボですね!

◎ツボ:太渓

 

 

 

このツボは腎臓のツボで腎臓は水の代謝にかかわる臓器と東洋医学ではされています。
なので太渓というツボは腎臓のエネルギーを高めて体の水分を調節するツボなのです。

 

◎グーパー運動
足のむくみを引き起こす筋肉の一つに足の指の筋肉があります。
足の指の筋肉は血管の近くを通っています。
なので動かすと血管にも刺激が入りポンプの作用が促進され血流がよくなります
そのため下に溜まっていた余分な水分は血流とともに上部へ流されます。

それだけではなく、そこへ温かい血流が流れてくるので冷えの解消にもいいんですね!

まだまだ暑さはこれから!

冷たい飲み物やクーラーなどは体を冷やす原因です!

しっかり対策を立てて綺麗な足を維持していきましょう!!

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

キレイな「姿勢」と「体型」を手に入れよう ―一流選手は脚がキレイ―

こんにちは!

毛利陽介です!

 

ワールドカップが盛り上がっていますね。

日本代表は負けてしまいましたが、大会は佳境に入ってきました。

一流の選手のプレーを見ると、身体の使い方が非常に上手いです。

身体の使い方が上手い選手は共通して、「姿勢」と「体型」も良いです。

 

「姿勢」と「体型」はスポーツ選手でなくとも誰でも良くしたいと思うものでしょう。

また、身体の使い方が良くなれば、肩こりや腰痛といった身体の不調にも効果的です。

 

良い体の使い方をする第一のポイントは、身体の「中心」を使うことです。

一流のスポーツ選手を見ると、身体の中心軸がしっかりしており、小手先ではなく身体の中心から動いています。

 

 

 

 

 

 

 

身体の中心の説明をするために、「アナトミートレイン」の話をします。

アナトミートレインとは、筋肉を包む膜である「筋膜」のつながりのことです。

東洋医学には経穴(ツボ)をつなぐラインである「経絡」がありますが、アナトミートレインはその西洋医学バージョンといったところでしょうか。

アナトミートレインの筋膜ラインにはフロント・ライン、バック・ライン、ラテラル・ラインといった名称がついていますが、今回重要なのは「ディープ・フロント・ライン」です。

ディープ・フロント・ラインは身体の中心を走行する筋膜ラインです。

具体的には、後脛骨筋・長趾屈筋・大内転筋・大腰筋・横隔膜・斜角筋といった筋肉で構成され、さらには心膜や胸膜といった内臓を包む膜も関与します。

このうち大腰筋はいわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉で最も重要と言えます。

また横隔膜は呼吸筋であり、呼吸によって自律神経にも影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は特に大腰筋について書いていきます。

大腰筋は腰椎(背骨の下の方)から始まり、大腿骨の小転子(太ももの骨の付け根)に終わります。

この筋肉を直接意識するのは難しいので、代わりに「もも裏」を意識すると効果的に大腰筋を使えます。

意識していないと、どうしても「もも前」を使ってしまい、身体の末端の筋肉を使ってしまいます。

そうすると、「ふくらはぎ」や「太腿」に余分な筋肉がついてしまいます。

一方、もも裏を意識して大腰筋が使えると、ふくらはぎと太腿の余分な筋肉が落ちてスッキリします。

一流スポーツ選手の脚を見ると、スッキリと細くてキレイな脚であることが分かると思います。

もも裏を意識しやすいのは階段の上りです。

また歩く前にもも裏をさすったり叩いたり、あるいはテーピングを貼るなどすると意識しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

脱寝苦しい夜を!暑い日の快眠法を紹介します!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

6月もあっという間に過ぎ、真夏も目の前ですね、、、!

夏になるにつれ、蒸し暑さやジトっとした気候も訪れます!

そんな日の夜に、しっかり寝れている、快眠はできているといえますか?

どんな季節になっても「快眠」できていることは大切です。

暑くて寝付けないやクーラーで身体が冷えてなんだかだるい…といった悩みをお持ちの人もいると思います!

意外と知らなかった、快眠への習慣を今回紹介していこうと思います!

 

 

 

 

 

 

①寝る前にコップ1杯の水を飲む

 

寝ているときに一晩で500mℓ(ペットボトル1本分)、真夏には1ℓもの水分が失われると言われています。

人間にとっては体温調節はとても重要です。

身体の表面に水分(汗)を出し、それが蒸発することで体温が下がります。

特に汗をたくさんかくときは適切な水分補給が重要になるということです。

睡眠中に水分が不足していると、血液濃度が高くなって流れが悪くなるため、それらを防ぐために

寝る前に水分補給が必要とされています。

飲むものですが、カフェイン以外が理想です。やはりおすすめはお水です。

また、睡眠前は冷たい飲み物ではなく、常温のものを飲むことが睡眠の質を高めることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

②パジャマを長ズボンにする

 

余計暑くて寝れなくなってしまうのではないか、と疑問に感じた方もいらっしゃると思います。

夏はタオルケットなどの薄いものをかけて寝られる方が多いと思います。

しかしその掛け物はお腹だったり一部だけかかって寝ている方がほどんどです。

半ズボンで寝ているにもかかわらず、足は無防備にでているといった状況になります。

クーラーであったり、朝方は気温が下がったり、という状況では、足先やふくらはぎは冷えていることがあります。

特に朝起きて足がだるいと感じたり、夏になるとふくらはぎをつるといった方は、寝る着衣を見直してみてください!

長ズボンは暑い、という方でも素材によって、着心地は違います!

是非自分に合う素材のパジャマを見つけてみてください!

 

 

③暑いときは我慢をせずクーラーを活用する

 

クーラーは冷えすぎてしまう、クーラーを使うと気温差で身体がだるくなるからと使ってない方の理由は様々です。

しかし、猛暑の夜にクーラーを使わない、と我慢をしたために、

寝苦しいや寝つきが悪いということでしたら、使ってもらえたらと思います。

温度は普段つけている温度より高く、27~28度程度で寝る前は少し暑いかな、というぐらいがおすすめです。

また部屋を冷やすためにタイマーを2~3時間かけて使用する場合より、

おやすみモードや高い温度(27~28度)で朝起きるまでつけっぱなしの方が電気代もお得です!

タイマーをかけて、寝つきはよいが、タイマーで切れてしまったら暑くて目が覚めてしまうといった方は、

つけっぱなしをおすすめですよ!!!

また冷えすぎてしまうといった方は②のパジャマを長ズボンにするといったことでかなり防ぐことができると思います!

 

 

 

 

 

 

 

夏ならではの快眠法を書かせていただきました。

夏に寝つきが悪い、起きた後も体がだるいといった方是非試してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。