クラシック

寝つきをよくする方法!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

ベットに入ってもなかなか寝つけないという経験をしている方も多いと思います。寝つきが悪いと翌朝スッキリと目覚めることができませんよね。

今回はそんな方に寝つきを良くする方法について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

寝つきが悪くなってしまうのは寝る直前にとる行動に原因があるんです。

テレビ、パソコン、スマホなどから発生するブルーライトが脳を覚醒させてしまうということはよく耳にすると思います。

ブルーライトによって脳が朝と勘違いしてしまい、睡眠ホルモンと言われているメラトニン分泌を抑制してしまうため脳が覚醒してしまうのです。

夜のブルーライトは体内時計を乱れさせ自律神経にも悪影響を及ぼすと言われます。そのため、寝る直前にはスマホやパソコンを避けるようにしましょう。

カフェインにも脳を覚醒させる作用があるのでコーヒーやお茶などにも注意が必要です。

また寝る直前に食事をすることも寝つきを悪くする原因となります。それは食べたものを消化吸収しようと胃腸が動くからです。

夜には胃腸の動きが鈍くなるため消化に時間がかかり、睡眠不足を引き起こします。消化に時間がかかる食物繊維には特に注意が必要です。

〈寝つきをよくするコツ〉

寝る1時間前に入浴するとスムーズに寝ることができます。寝つきをよくするにはリラックスすることが重要です。

寝る直前に入浴してしまうと体温が上がってしまい寝れなくなります。そのため、寝る1時間ほど前に入浴することで体温が下がったタイミングでベットに入ると

寝やすくなります。

寝る前にホットミルクを飲むこともおすすめです。牛乳にはトリプトファンが含まれています。このトリプトファンは寝つきをよくすると言われています。

冷たいミルクは胃を刺激してしまい寝つきを悪くしてしてしまうので人肌程度に温めると良いです。

リラックスができる音楽を聴くのもいいとされています。クラシックやせせらぎの音などは精神をリラックスさせる効果があります。

しかし、好きではない音楽を聴いてしまうとかえってストレスになっていしまいます。自分にあった音楽を聴いてみるのがいいと思います。

また快適な睡眠をもたらすのは月あかり程度の明るさと言われています。うっすらと室内が見える明るさということです。

睡眠の深さにはメラトニンが関係していて、明るいとメラトニンの分泌が減少してしまいます。

 

睡眠不足になってしまうと肌にも影響がでたり、体調不良になったり、ストレスもたまります。寝る前の行動を少し変えることで寝つきをよくすること

ができるので自分の生活を振り返り、改善していくことが大切です。

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀