アレルギー

グルテンフリーを普段の食生活にすこし取り入れてみませんか?

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

みなさんはグルテンフリーという言葉は知っていますか?

 

 

 

 

 

グルテンとは、小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれる、天然のタンパク質のことです。

グルテンは、グリアジンとグルテニンという2つのタンパク質で構成されており、

水と合わさることによって、パンやうどんやパスタが持つ、もちもち感を作り出しています。

そして、グルテンフリーとはグルテンを摂らない、ということです。

元々グルテンフリーとは、グルテンにアレルギーがある人に対しての食事療法であり、グルテンを抜いた食事を摂る方法でした。

 

 

 

 

 

 

しかし、健康な人がグルテンフリーの食生活を試みたところ体調がよく、ダイエットも期待できることがわかり、

欧米などでグルテンフリーをダイエットとして行うことが流行りとなっているそうです。

日本でもすこしずつ流行っていて、食事に取り入れているという方も増えつつあります。

グルテンを多く含んでいるものは、過剰摂取すると急激に血糖値が上がり、脂肪分が体内に溜めこまれやすいといわれ、

その結果、太りやすくなると考えられています。

グルテンを摂らなければ痩せられたり体調がよくなるならやってみよう!と思いますが、

私たちの食事の主食はごはん、うどん、パスタ、パン、、と選択肢はたくさんあり、

ごはんが主食としてとられていた昔に比べると、実は現代にグルテンが使われているものは多いことに気づきます。

調べてみると炭水化物だけではなく、様々な食品にグルテンは使われているんです!

 

グルテンには、一度食べたらもっと食べたくなるような中毒性もあると言われています。

中毒性があるため、一度食べたらはまってしまった身体が欲して食べ続けてしまうこともあります。

例えばパンにはまって、毎日パンばかり主食に選んでしまう、という方はグルテンが含まれるものを多く摂取していることになります。

グルテンに関して科学的な根拠はないそうですが、

過剰摂取をすることによって、軽いアレルギーや過敏症の人が年々増えていると言われています。

 

 

 

 

 

もちろん、小麦アレルギーやグルテンを摂ることによって、体調が崩れてしまう方はグルテンフリーをすることで

体調も良くなり、効果も抜群に出ます。

しかし、グルテンを摂取しても害のない体質の方が一切取らなくなって、栄養に偏りが出てしまったり、

栄養不足に陥ってしまうかたもおり、みんながみんなグルテンフリーをして

体調がよくなったやダイエットに成功したという効果が出るとも言い難いです。

 

体調がなんだかすぐれない、という方は1日にグルテンの含まれる主食を1回にするなど、

少し減らしてみることをおすすめします。

是非やってみてください♪

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

tel☎:052-701-8899

 

花粉症について知ろう!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

だんだんと暖かくなってきたこの時期やっぱり気になるのは〈花粉〉ですよね!

ニュースで今年の花粉は例年より1.5倍ほどになると言っていました。花粉症の方にはとってもつらいですよね。

そこで今回は花粉症について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、花粉症の原因とメカニズムについて紹介したいと思います。

花粉症とは体内に花粉が入ってきたときにそれを排除しようとする免疫反応によって、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状が出ることを言います。

花粉の主な原因は抗原抗体反応によるものです。空気中のヒノキ、スギ、イネの花粉などのアレルゲンが鼻粘膜に付着することで体内に抗体がつくられ肥満細胞というものに

くっつきます。そして再びアレルゲンが侵入すると肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発細胞が放出され、ヒスタミン受容体と結合しアレルギー反応を引き起こします。

〈花粉症になりやすい人〉

花粉症を発症する人は遺伝的にアレルギー体質であることが原因と言われていますが他にも原因はあるんです。

一般的にあげられるのは食生活の変化です。お年寄りには花粉症の含有率が少ないため昔ながらの和食にアレルギー体質になりにくい要素があるのかもしれないと考えられています。

また、自律神経を乱す睡眠不足や不規則な生活、ストレスなども原因の1つとしてあげられます。

〈花粉症対策〉

●花粉情報をチェックする

 天気が晴れまたは曇りの日、最高気温が高い、湿度が低い、前日が雨といった日は要注意です。

●外出を控える

 花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。地域差はありますが、1日のうち飛散が多い時間帯は午後1時~3時頃となっています。

●帰宅時の注意

 帰宅時は玄関で衣服についた花粉をしっかり落としましょう。なるべく室内に持ち込まない注意をし、洗顔やうがいをすることで体についた花粉も落としましょう。

●掃除をこまめに

 工夫をしても室内に花粉は入ってしまいます。清掃はこまめに行うと良いです。床はフローリングであれば毎日拭き掃除をするのが効果的です。

 また枕元も少し湿らせたタオルで拭くと寝ているときに花粉を吸いこまなくなります。

 

できるだけ花粉症対策をして少しでも症状が軽くなるように工夫していくといいですね^^

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀