すらっとした足

自分は筋肉質だと諦めている人必見!筋肉質な人とそうでない人の違いって!?

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

6月下旬になり、気温も上がっていますね。

夏になると自然と肌の露出も増えるので、体を引き締めよう!と気合も入ります!

 

体を引き締めようと思い、運動をはじめた!という方もいらっしゃると思います!

しかしその一方で、引き締めたかったのに、筋肉がつきすぎてしまった、身体がごつくなってしまった…という経験ありませんか?

運動をしているのに筋肉がすぐついてしまう筋肉質な方と運動してきれいなすらっとした体を手に入れる方いますが、

やはり後者のすらっとしたきれいな身体を手にすることを望んでしまいます…

今回はその違いについて書いていきます!

まず、胎児のころにこの男性ホルモンと女性ホルモンのどちらを多く浴びたかによって

その人の性格や運動能力、筋肉のつきやすさ、などにも関係してくるといわれています。

これを聞くと、なんだかどうしようもできないのではないかとおもいますね… 🙄 

 

しかし筋肉質は遺伝的なことばかりではなく、

自分自身のスポーツ経歴や動作の癖によって決まってくると言われています。。。

学生時代、バスケットボールやテニス、バレーと中腰で姿勢を維持する、動作するスポーツでは、

太ももの前やふくらはぎにボコッとした筋肉がついてしまいがちです。

 

 

 

 

いまは学生の頃のような運動はもうしていないのに、筋肉が落ちないと疑問に思う方もいらっしゃると思います。

それは、バレーボールやバスケ、テニスなど、部活で運動するのに必要な筋肉がついたことで、

足の筋肉の使い方が変わってしまったからです!!!

 

人間の体は少しでも効率よく動くようにできているので、

体を動かすときには、筋肉が発達しているところを使うほうが効率が良いので

発達している筋肉を使います。

すると、前太ももやふくらはぎなどの外側に筋肉がついているなら、

その筋肉を使って歩いたり、姿勢を維持しようとします。

すると、ますます筋肉が発達してしまうという悪循環が起こるということです。

その悪循環を断ち切るには、筋肉のついている場所を変えなければなりません。

 

モデルさんなどがジムにいって鍛えたり、ランニングをしていてもすらっときれいな足を維持できる理由もそこにあります。

普段の生活で姿勢や歩き方に気をつけているので脚への筋肉の付き方も違っていて、

運動しても常にスラっとした脚でいられるということです!!!

運動時だけでなく、日常生活のクセでもきれいな足になるためには関係しているということです!

 

 

 

 

意識することは、足の前側や外側の筋肉をを使うのではなく、

内側(インナーマッスル)や裏側の筋肉を使うということが理想のスタイルに近づけるということです!!!

 

痩せる=運動をすると考えがちですが、

痩せたらきれいな足や細い体になるということではないということです、、、、。

 

筋肉質な人とそうでない人のちがいは

・遺伝的なこと(女性ホルモン・男性ホルモン)も関係している

・学生時代のスポーツ経験や筋肉の使い方が定着して影響している

・日常生活の姿勢、歩き方といったことが影響している

というがあげられます。

 

筋肉質な人がすらっとした足や体を手に入れるには

・筋肉の付く場所を変える(外側や前側の筋肉→内側インナーマッスルや裏側)

・筋肉をつけすぎない

・筋肉を使った後は筋肉をもとの位置に戻す

ということがポイントです!!!

 

次回、具体的なセルフケアの方法を紹介したいと思います!

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。