がん予防

知られざるきゅうりの効果

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

「世界一、栄養がない野菜」として話題に上がるきゅうりですが実はきゅうりには知られざる嬉しい効果があるんです!

今回はそんなきゅうりの効果について紹介していきたいと思います。

よくきゅうりには栄養がないと言われますがそれは一般的な栄養の話です。きゅうりには珍しい栄養が多く含まれているんです。

そのため他の野菜ではない効果を得ることができます。

 

 

 

 

 

〈ダイエット効果〉

栄養が少ないという点からカロリーが同様に低く、一本あたり14㎉ほどと、とても低くダイエットに非常に向いた野菜といえます。

さらに、最近の研究ではきゅうりの中には「ホスホリパーゼ」という脂肪を分解する酵素が含まれていると分かりました。

この酵素は脂肪の分解の分解力が他の酵素よりも強く非常に脂肪分解の効果が高いです。

きゅうりに含まれる酵素はすりおろすことでより放出されやすくなります。なので脂の多い肉など脂肪が多いものを食べる時にはきゅうりのすりおろしを

一緒に食べるといいでしょう。

〈健康増進〉

あまり注目されていなかったのですがきゅうりの栄養の中にはがんを予防する効果があるものもあるといいます。

「ククルアスコルビン酸」という栄養でがん予防に一定の効果があると分かっています。

また血液をきれいにする効果がある「ピラジン」という栄養もきゅうりの中には含まれています。そのため、血液がドロドロになることでおこる生活習慣病の予防

にも役立ちます。

〈むくみ解消〉

きゅうりがもつ栄養のなかには「カリウム」、「イソクエルシトリン」といった老廃物の排出効果を持つものがあります。

これらの栄養素があるためきゅうりを食べるとむくみを解消したり、デトックスしたりできるんです。

また皮膚や粘膜の調子を整える栄養βカロテンも多く含んでおり肌荒れの予防など美肌効果も少しはあります。

女性にとってはうれしい効果ですよね。

〈食欲不振の改善〉

きゅうりの先端は少し苦めでその部分には「ククルビタミン」という栄養素が含まれています。

この栄養は胃液や唾液を出しやすくするため食欲を回復させる効果が見込めます。

きゅうりには水分が多く、からだを冷やす効果があります。そのため食欲不振や夏バテなど夏の不調を回復するために効果的な野菜

でありこの時期にはピッタリですね。

 

このようにきゅうりにも様々なうれしい栄養素が含まれています。効果的に生活に取り入れダイエットや健康維持に努めましょう。

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜で暑さに負けない体をつくろう!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

ほんとに今年は暑く、体に疲れがたまりますよね。また、暑さで食欲がなくることもありますよね。

しかしこの暑さをのりきるにはしっかり食べることが大切です。

なので今回は夏野菜について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

夏野菜には「ナス」「トマト」「かぼちゃ」「きゅうり」「とうもろこし」などなどいろいろな種類があります。

これら夏野菜は暑さを和らげる効果に長けて、体を冷やす作用があるんです。

では野菜ごとにその効果を見ていきましょう!

●ナス

 ナスは夏の暑さによって生じた体内温度を下げる作用があり、体内にこもった熱を発散させるほかのぼせや火照りを改善する効果があります。

 また、免疫機能を増進させ夏風邪を引きにくくしたり、胃の消化液の分泌を促進し暑さによる食欲不振を改善したり、ビールなどのアルコール摂取によって弱った肝機能の

 働きを高めたりといった効果もあります。

●トマト

 体内の塩分を取り除き、疲労回復を促してくれます。さらに血圧を下げてイライラを解消し、食欲を増進させる効果があります。 

 また、トマトの酸味にはクエン酸やリンゴ糖などが含まれていて疲労回復にも有効であったり、リコピンという色素は体内で活性酸素の発生を抑えがんを抑制し、動脈硬化を予防する働き

 も持っていたりします。

●かぼちゃ

 かぼちゃには細胞の老化防止、免疫力アップ、皮膚の粘膜を健康に保つ、コレステロール値の低下、がん予防などといった効果があります。

 またかぼちゃの栄養素はわたや皮に多く含まれています。種にも亜鉛やミネラルを多く含んでいます。

●きゅうり

 水分が多く含まれ、その中にはカリウムが含まれています。程よい水分補給になったり、大量の汗をかいた後の足の痙攣の症状の和らげてくれたりします。

 他にも日焼け後の皮膚の火照りを鎮める効果があり、日焼けをした日のうちにきゅうりを薄く切ったものを日焼けの部分にはり、きゅうりが乾燥したら新しいのに変える。これを火照りが治るまで

 何度か繰り返すと次の日には火照りが治り、ムラ焼け、シミのないきれいな肌に戻ります。

●とうもろこし

 不溶性食物繊維を豊富に含み、腸の蠕動運動の働きを活発にし便の排出をスムーズにしてくれます。

 またとうもろこしにはセルロースが含まれていて腸内の善玉菌のエサとなるので腸内環境を良くしてくれます。

 他にも夏バテによる疲労の回復、冷房や冷たいものの過剰摂取による冷えの改善と血行促進の効果もあります。

 

暑いと食欲不振になりがちですが夏野菜を食べて体が弱らないようにしましょう^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

美容にも健康にも効果ありのナッツ類!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

最近では健康や美容に対して優れた効果を発揮すると注目されているナッツ類。ナッツには様々な種類があり栄養素や効果がそれぞれにあります。

今回はそんなナッツ類について種類別に紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

〈クルミ〉

クルミは栄養価の高さからスーパーフードの1つとしても考えられています。

クルミの特徴としては他のナッツ類にはほとんど含まれていないαリノレン酸が多く含まれていることです。

このαリノレン酸には

 ●がん予防 ●高血圧、糖尿病予防 ●老化予防 ●アレルギー抑制 ●中性脂肪、血中コレステロールの軽減

などといった効果が期待できます。

さらにポリフェノールの豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があるので美容や病気の予防としても効果があります。

 

 

 

 

 

 

〈アーモンド〉

アーモンドに含まれる脂質のうちの約70%がオレイン酸とされています。そのオレイン酸には

 ●便秘解消 ●動脈硬化、心筋梗塞の予防 ●血液をサラサラにする ●悪玉コレステロールの減少

などといった効果が期待できます。

また、腸内環境を改善し排便をスムーズにしてくれる効果がある食物繊維や抗酸化作用をもつビタミンEも多く含まれていてアンチエイジング効果も期待できます。

 

 

 

 

 

 

〈カシューナッツ〉

カシューナッツはナッツの中で貧血予防に効果があると言われ、鉄や骨を強くするビタミンK、必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれています。

トリプトファンは体内で「睡眠ホルモン」と言われていてメラニンに変化するのでなかなか寝付けない方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

〈マカダミアナッツ〉

マカダミアナッツにはビタミンA、B1、B2、Kやミネラル類が多く含まれています。

このナッツの脂質にふくまれるパルミトレイン酸は食用油にはほとんど入っていない貴重な脂肪酸で老化肌や乾燥肌に最適で肌の弾力や再生、修復が期待できます。

また皮脂や角質層の働きを正常に保つことによりしわやたるみも改善する効果もありアンチエイジングには欠かせない成分です。

 

ナッツを選ぶときは無塩で素焼きのものを選ぶといいです。

生活にナッツ類を取り入れて健康でキレイな身体を目指しましょう^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリフェノールで健康になろう

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

ポリフェノールが健康にいいということはよく知られていると思いますが、どんな効果があるのか皆さんご存知ですか?

代表的な効果・効能は抗酸化作用によって身体の細胞をさびつかせ、傷つける活性酸素の働きをおさえることです。

しかし他にもいろいろな効果があります。

今回はそんなポリフェノールについて紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ポリフェノールの種類、効果効能〉

ポリフェノールというと赤ワインが有名で世間一般でも認知されるきっかけにもなりました。その他にもポリフェノールの種類としては緑茶のカテキン、

ブルーベリーのアントシアニン、大豆のポリフェノールなどをはじめ多くのものがあり、その数は数千種類にも及ぶと言われています。

●カカオマス・ポリフェノール

 チョコレートやココアの原料であるカカオ豆に含まれているポリフェノールで、悪玉コレステロールの酸化を防ぐとともに血液をサラサラにすることにより動脈硬化を予防する効果があるとされています。

 またカカオ豆には精神安定作用がありリラックス効果が生まれるといった効能もあります。

●カテキン 

 緑茶の主成分となっているポリフェノールの一種で継続的に摂取することで体脂肪を減少させる効能があるといわれています。また、血中コレステロールを低下させる効果もあり

 動脈硬化などの生活習慣病の予防にもつながります。

●アントシアニン

 ブルーベリー・ブドウ・紫芋などに含まれているポリフェノールで代表的な効能としては疲れ目の予防や視力の改善に効果的とされます。これはアントシアニンの機能に目の網膜に

 あり視覚情報を脳に伝える重要な役割をするロドプシンの再合成を促進させる働きがあるからだと考えられています。

●りんごポリフェノール

 りんごに含まれるポリフェノールで食事から摂取した脂肪が吸収させるのを抑制する作用があり、血中の中性脂肪値の上昇を抑える効果があるとされます。

 また肥満の予防・解消などダイエットにつながる効果も期待できると言われます。

●イソフラボン

 大豆に含まれるポリフェノールの一種で、更年期障害の諸症状の緩和作用や骨粗鬆症の予防といったことがよく知られ、他にもがん細胞の増殖を抑制する作用があると言われています。

●クロロゲン酸

 コーヒー豆やごぼうに含まれるもので肥満予防、改善があげられます。クロロゲン酸は脂肪の燃焼を促進する作用があることから、脂肪の蓄積を予防するとされています。

 また体内で発がん物質の生成を抑制する働きがあったり、知覚神経を刺激して認知機能の改善、向上効果があると言われます。

 

ポリフェノールを積極的に摂取して将来生活習慣病にならないように健康的な生活を送りましょう^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀