がんリスク

腸内環境を整えて健康的な身体づくりをしよう!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

腸は身体の様々な免疫に関わっており、腸内環境を改善すれば体調がよくなるとされています。しかし、腸内環境は生活習慣で乱れやすいため、正しい食生活や生活リズムを

整えるなど日々の生活を見直すことが大切です。なので今回はそんな腸内環境について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

〈腸内環境を改善するメリット〉

●免疫力の強化

 人の免疫機能の約7割を腸が担っているため、腸内環境を改善することで免疫力が上がりアレルギー症状の軽減が期待できます。

 また、善玉菌が生成する有機物によって腸内環境が酸性化し、悪玉菌や病原菌の増殖や感染が抑えられるためインフルエンザなどの感染症の予防も期待できます。

●便秘を改善

 善玉菌が生成する有機物により腸が刺激され排便を促進します。

●がんリスク軽減

 善玉菌が増えることで悪玉菌が作り出すがんの原因となるとも考えられるアンモニアや硫化水素の生成量が減少し、がんのリスクが下がるともいわれています。

●肥満防止

 腸内細胞が生成する脂肪酸のよって、エネルギー代謝をつかさどる受容体を刺激し肥満を予防します。

 

〈腸内環境を改善するには〉

●十分な睡眠をとる

 決まった時間に6~9時間は寝るようにしましょう。十分な睡眠がとれなかったり、睡眠のリズムが不規則だったりすると腸が本来の力を発揮できなくなってしまいます。

●毎朝便をだす

 朝起きてすぐに胃に水や食べ物をいれると反射的に腸が活発に動き出す胃・大腸反射という整理現象がおこり便がだしやすくなります。

 夜つくられた便を朝一で出すことが大切です。

●運動をする

 毎日9000歩以上歩くといいです。ウォーキングは衰えた腸の動き活性化する効果があり、さらに自律神経も整えてくれます。

●腸にいい食べ物を摂る

 腸にいいといえばヨーグルトが思い浮かびますよね。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれています。

 納豆やキムチといった発酵食品も腸内の善玉菌をサポートする働きがありいいとされます。

 また食物繊維も腸内環境を改善するのに重要です。水溶性食物繊維が不足しがちであるので大麦をとるといいそうです。

 

腸内環境をよくすることでいいことはいっぱいありますぜひ日々の生活を見直してよい腸内環境を保つようにしましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀