お知らせ

マスクの下のメイクよれ諦めていませんか?

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

季節の変わり目は風邪や花粉症が流行ります。。。

風邪を引いている、花粉症がひどいから、風邪予防として、、様々なシーンでマスクを着用している人を見かけます。

私自身も満員電車や人混みの場所へ出かける際は、風邪予防としてよくマスクを着用しています。

しかし、通勤や移動の際はマスクをつけっぱなしでいても、仕事やふとした時にマスクを外さなければならない瞬間はあります。

朝メイクをして、マスクをつけ、外す際とはマスクにファンデーションがついていたり、チークが落ちていたり、、、

あっという間にメイクが崩れている、、なんて経験した方も多いと思います。

崩れてしまうならメイクをしなければいいのではないか、とも思いますが、中々できません(^^;

メイクよれが起こることを前提として考え、メイクポーチを持参される方が多いかと思います。

しかし、すこしの工夫でメイクよれを予防できるんです!!!

まず、メイクよれの原因として、
・マスクが肌に触れることによる摩擦
・呼気による湿気
・乾燥による皮脂分泌

などがあげられています。

具体的にどんなことをしたらよいのか、4つ紹介していきます。

①ファンデーションをリキッドタイプに

マスクをつける際の下地のポイントは「薄く」「肌に密着させる」です。

肌に密着させるものとして、化粧下地やフェイスパウダー、パフなどがあります。

普段パウダーファンデーションを使っている方は、より肌に密着しやすいリキッドタイプを使うことがおすすめです。

化粧下地は汗や皮脂に強いさらっとタイプのものを使用しましょう!

最後にフェイスパウダーをつけることも忘れずに!

②マスクと肌が触れるところにベビーパウダーを

メイクよれの原因の1つとしてマスクと肌の摩擦があげられます。

その摩擦が起きにくくなる、クッションのような作用をベビーパウダーがしてくれるということです!

ベビーパウダーがない方は、フェイスパウダーでも代用可能ですよ!

③自分の顔のサイズに合うマスクを着用する

マスクを立体的に付けること、顔の大きさに合わせたマスクを着用することで過度なマスクと肌の摩擦は解消される場合が多いです。

職場などで配布されるマスクが顔の大きさに合っていない場合は自前のマスクを用意した方がメイク崩れは防げます。

自分の顔のサイズに合うものを見つけましょう!

④アイメイクはウォータープルーフで

目元はマスクをしていないから崩れることはないのでは、と思いがちですが、

呼気によって水蒸気が鼻と頬の間からでて、目元にかかっているんです。

何だかにじんでいる、目がパンダになっている、というのはこれが原因だといわれています。

そんな時は、ウォータープルーフのものを使いましょう!

いつものメイクにちょっと一工夫することで、マスクの下のメイクもよれにくくなります。

是非実践してみてくださいね♪

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております



ツボ押しの基本知識!ココを抑えて効果を高めましょう!!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

梅が咲いているのを横目にくしゃみをする日が増えてきました。

暖かくなってきましたが、薄着になるにはまだ早いようですね。

 

さて、今までブログでは様々な効果のあるツボについてお話ししてきました。

空腹や眠気、腰痛、ダイエット効果があるものなど、お悩みによってツボは変わることもあります。

でも、基本的なことは変わりません。

今回は、ツボ押しの効果的なタイミングや姿勢をご紹介したいと思います!

◎効果的なタイミング

ツボ押し自体はいつ行っても良いのですが、緊張している神経を解きほぐしてから行う方が効果が上がります。

入浴後は神経もほぐれており、血液やリンパの流れがよくなっているのでお勧めです!

逆に食後や飲酒後の血行が高まっているときにツボを刺激するのは良くありません。

重病の方は悪化する可能性がある場合もあるので、医師に相談してみてください。

◎どんな姿勢がいいのか

基本的にはどのような姿勢でも問題ありません。

ただ、座って行う方がリラックスでき安定して行うことができます。

特に足のツボはあぐらをかいて行うとぐらつかず、刺激しやすくなります。

◎ツボ押しの基本

ツボ押しは自然治癒力を高める効果があります。

基本的には即効性はないのですが、神経とつながっているツボを押すと痛みが和らいだり、空腹を抑えることはできます。

続けることで悩みを改善することにもつながります。

また、ツボ押しは指で行うのが一番良いですが、皮膚は傷つきやすいので爪を切ってから行うのが良いとされます。

しかし爪を切りたくないという事もあるでしょう。

そんな時は、口紅のキャップやペンなど先の丸まっているもので代用することができます。

病院に行くほどではないが不調を感じる、つらい症状をどうにか抑えたいなど、ツボ押しは様々な場面で活躍します。

簡単に自分で行えるということもありますし、是非試してみてください!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

花粉症対策

こんにちは!

毛利陽介です!

 

3月になり、随分と暖かくなってきました。

寒さが苦手な方には良い季節になりましたが、この時期に様々な症状が悪化する方も多く見えます。

花粉症の方は今の時期が特につらいですね。

他にも、ほてりやのぼせ等の症状が出る方もいます。

 

花粉症には耳の置き鍼が効果的です。

耳のツボに0.3ミリの短い鍼をテープで貼り付けます。

全身の治療と組み合わせるとより効果的ですが、一回の耳鍼のみで劇的に改善する方もいらっしゃいます。

 

暖かくなってくる時期に花粉症やほてり・のぼせ等が出やすい理由は東洋医学の面から説明することができます。

春は五臓の中で肝が盛んになります。

肝には条達と言って、上に伸びようとする働きがあります。

植物が春に芽吹くのもそのためです。

同様に人間の身体の中でも、肝気がのぼり、顔や頭など上半身の症状が出やすくなります。

 

花粉症は花粉の飛来が直接的な原因ですが、自分の身体の状態も大きく関係します。

また、五臓の腎は気を引き下ろす作用がありますので、腎が弱ると気を引き下げられなくなり、同様の症状が出やすくなります。

腎は生命力ですので、年齢とともに腎気は少なくなります。

いわゆる更年期にほてり・のぼせが出やすいのはそのためです。

鍼灸治療では、腎気を高め、肝気を引き下げる治療をします。

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

睡眠12箇条① 

こんにちは!

毛利陽介です!

 

今回は、以前に紹介した「健康づくりのための睡眠指針12箇条」の第一条について詳しく説明したいと思います。

 

第1条

良い睡眠で、こころもからだも健康に。

良い睡眠で、からだの健康づくり

良い睡眠で、こころの健康づくり

良い睡眠で、事故防止

 

第1条は総論です。

睡眠には、心身の疲労を回復する働きがあります。

睡眠の質の低下や量的不足が、生活習慣病のリスクや仕事のパフォーマンス低下につながることが分かっています。

また、不眠がうつ病などの病につながることや、ヒューマンエラーによる事故につながることも明らかになっています。

 

日常的に睡眠時間が短い人や過剰に長い人の死亡リスクが高まることが継続研究によって示されています。

健常者の睡眠を実験的にはく奪する研究では、身体愁訴・不安・抑うつ・被害妄想が発生・増悪し、感情調節力や建設的思考力、記憶能力などの認知能力が低下することが示されました。

また、睡眠不足は感情調節や遂行能力をつかさどる前頭前野や大脳辺縁系の代謝活性を低下させ、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量を増加させることが示されています。

 

認知・精神運動作業能力については、24時間連続で睡眠を取らないと、ビールの大瓶一本を飲んだ時と同程度に低下することが明らかになっています。

不眠症では、夜間の睡眠の問題だけでなく、疲労感・注意集中力低下・眠気・意欲の減退など、日中にも心身の症状を伴います。

 

つづく

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております

眠い時にはここを押せ!眠気覚ましにおススメなツボご紹介します!!

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

風はまた冷たいものの、日中は暖かい日が増えてきましたね!

卒業式があったのかなというような格好の学生を見かけ、もうそんな季節なのかと思います。

 

暖かくなってくるとお昼過ぎはどうしても眠くなりがちですよね…。

それでも授業や会議など、眠くても寝てはいけないタイミングというものはあると思います。

そんなときに眠気を抑えてくれるツボをご紹介していきたいと思います!

◎中衝(ちゅうしょう)

中指の爪の生え際より少し下で、親指よりの場所にあります。

ストレス解消や集中力向上の効果もあると言われています。

逆の手の親指で痛くない程度に押しましょう。

◎合谷(ごうこく)

手の甲の、親指と人差し指の骨の付け根付近にあるくぼみにあります。

万能のツボともいわれており、頭痛や肩こりだけでなく、内臓の働きを助ける効果もあります。

逆の手で挟むようにして親指で軽く押しましょう。

今回はこっそり押すこともできる手のツボをご紹介しましたが、目の周りや首筋にも眠気覚ましに効くツボがあります。

是非お試しください!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀