スタッフのプライベート

幸せホルモン

以前に読んだ本をもう一度読み返すと、ページの角を折ったり、線を引いたりしてあります。
当時は「大事なことだから覚えておこう!」と思ったはずですが、読み返すとすっかり忘れてしまっています。
記憶力が良い人が羨ましいです。

こんにちは!毛利陽介です!

これまで、第3・第2の脳について書きました。
今回は本家である「脳」のお話しです。

 

 

前回、腸内細菌がセロトニンやドーパミンといった脳内物質を作っていることを書きました。

また、皮膚もセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどを作っています。

今回は、それらの脳内物質がそれぞれどの様な働きをしているか、三つの脳内物質に注目して書きたいと思います。

 

一つ目はドーパミンです。

ドーパミンは快楽を司ります。

報酬系という神経系で作用し、自分の欲求が満たされたときに働きます。

例えば、スポーツの試合で勝った時などです。

この働きで重要なことは、快楽を得るためにやる気を起こさせることです。

これは、何か目標を達成するための行動を起こすために重要です。

 

二つ目はノルアドレナリンです。

ノルアドレナリンはストレスに反応します。

ストレスに対して緊張や不安を感じさせます。

交感神経を刺激し、体を覚醒モード・戦闘モードにします。

 

三つ目はセロトニンです。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれます。

心を落ち着けたり、睡眠を助ける働きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ストレス社会と言われる現代社会では、ドーパミンとノルアドレナリンが過剰に働き、セロトニンが不足しがちです。

従って、ドーパミンとノルアドレナリンを上手にコントロールし、セロトニンを増やすことが大切になります。

その方法について、具体的にみていきましょう。

 

まずはセロトニンを増やす方法について。

セロトニンを増やすためのポイントは3つです。

①日光

日光に当たることが大切です。

特に朝起きてすぐに日を浴びることが重要です。

②リズム運動

一定のリズムで体を動かすことも効果的です。

具体的には、呼吸・歩行・咀嚼(そしゃく)の3つを「意識して」行うと良いです。

③グルーミング

これは人とのふれあいです。

心のふれあい・身体のふれあいどちらでも構いません。

動物の毛づくろいもこれに当たります。

 

次にドーパミンをコントロールする方法です。

ドーパミンが作用する報酬系は3つに分類できます。

①本能に関わるもの:摂食・防御・生殖

②嗜癖性物質:アルコール・ニコチン・糖質(炭水化物)・覚せい剤

③目標の達成

 

この中で特に問題になるのは、②嗜癖性物質です。

お酒やタバコ、甘いものが止められないのは、それらの物質が「報酬系」に作用するためです。

これをコントロールするには③目標の達成を用いる必要があります。

目標を設定し、それを達成することで自分の欲求を満たすことで、①や②をある程度コントロールすることができると考えられます。

「それが中々難しいのだ!」と思われるかもしれませんが、習慣にしてしまえば簡単です。

まずは小さな目標、例えば毎日30秒間体のどこかをストレッチする(最初は物足りないくらいの目標が丁度良い)、を設定して、「目標を達成することを習慣化する」ことが重要です。

 

最後にノルアドレナリンです。

これはストレスとの関係が非常に深いです。

自分なりのストレス発散法を見つけることが大切です。

因みに私は、食べる・寝る・子どもと接する、そしてダラけるです。

それから、運動することでノルアドレナリンを消費してしまうことも有効だと言われています。

 

途中難しい説明もあったかと思いますが、脳内物質をコントロールすることは健康増進、病気の予防に非常に有効です。

沢山の方法を紹介しましたが、是非この中から最もできそうな「1つ」を選んで実行してみてくださいね!

 

今回は以上です。

毛利陽介でした!

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

これから季節、気を付けてもらいたいこと!(スポーツ版)

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

朝晩と日中の気温差が激しかったり、服の調整がしづらい日々が続いていますね…

気温差が激しいときは体調が崩れやすいので注意してくださいね!

 

さて、今回はスポーツ活動中の熱中症対策について書いていきたいと思います!

熱中症といっても夏だけのものと思っているかたもいらっしゃると思いますが、

梅雨や急に気温が高くなった時も起こりやすいんです!!!

暖かくなり、アクティブに活動してみよう、という方も必見です!

①急な暑さに要注意

運動を始めようという方もいきなりハードな運動をするんではなく、

いまの季節から少しずつ運動強度を増やしながら体と慣らしていきましょう!

本格的に急に暑くなったら、軽い運動にとどめ、暑さに慣れるまでの数日間は

軽い短時間の運動から徐々に運動量や運動強度を増やしていきましょう。

②暑いとき、無理な運動は事故のもと

気温が高いとき、同じ気温でも湿度が高いときほど熱中症の危険性は高くなります。

また運動強度が高いほど熱の産生が多くなるので危険性が高まります。

暑いときに無理な運動をしても効果は上がりません!

環境条件に応じて運動強度を調節し、適宜休息をとり、適切な水分補給を心がけましょう。

日中は気温が高かったりするので、朝方や夕方と比較的涼しいときに行うのがおすすめです☆

 

③失われる水と水分を取り戻す

暑いときはこまめに水分補給しましょう。

汗からは水分と同時に塩分も失われます!

スポーツドリンクなどを利用して0.1~0.2%程度の塩分も補給していきましょう。

運動前後に体重をはかることによって失われた水分量を知ることができます‼

自分の失われる水分量をだいたい把握することによって水分不足を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

④薄着スタイルでさわやかに

暑いときには素材や通気性のよいものをえらび、

屋外での際は帽子を着用するなど直射日光から身を守りましょう。

防具をつけスポーツでは、休憩中に衣服をゆるめ、熱を逃がしましょう!

ダイエットのため、と厚着をして運動をしていると熱が逃げにくくなってしまうので

危険です!気温に合った服装を心がけてくださいね!

 

 

 

 

⑤体調不良は事故のもと

疲労、睡眠不足、発熱、かぜ、下痢など体調の悪いときには無理に運動をしないことです。

体力の低い人、肥満の人、暑さに慣れていない人、熱中症を起こしたことがある人などは

暑さに弱いので要注意です。

 

 

 

 

 

これから暑くなる日々に向けて

いまから体を慣らしていきましょう!

暖かくなってきたいま、アクティブに活動するチャンスです!

是非、気温の変化に注意しながら楽しんでください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お待ちしております🍀

自律神経は自分の意思ではコントロールできない!?自律神経のバランスを整える3つの方法!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

四月も中旬、ほんとにあっという間に毎日がすぎていってしまいますね…

毎日忙しくて、一息つく余裕がない、リラックスできるときが少ないという方も多くいらっしゃると思います。

 

リラックスと言っても、具体的に何をすれば体は休まるのか、

リラックスしてから寝ようと思ていても目が冴えてしまって寝れない、といったことはありませんか?

私たちがリラックスしているか、活動的になっているかは、自律神経といった神経が深く関係しております。

自律神経とは…自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。

交感神経と副交感神経の二つを合わせたことを言います。

交感神経は活動している時、緊張しているやストレスに感じるときに働き、主に昼間に活発になると言われています。

副交感神経は反対の働きをしており、休息やリラックスをしている時、眠っているときといった一般的に夜間に活発になると言われています。

この二つの神経がバランスよく働いていることで、私たちは健康を維持することができています。

 

 

 

 

 

しかし、この二つのバランスが崩れる、例えば、本来休む夜でも、次の日の仕事のことを考えて緊張してしまうなどが

起こっていると交感神経が優位になってしまいます。すると、本来、休息やリラックスする時が少なくなり、

寝ていても疲れが取れない、常に体が疲れているといった症状が出てきます。(他にも症状は様々です)

 

しかし自律神経は自分の意思でコントロールすることができません!!!

では、何をすればいいのか…今回は簡単に自律神経をコントロールできる方法3つ紹介していきたいとおもいます。

 

①深呼吸

4秒吸って8秒吐くという息を吐く方を重視した深呼吸を2~3分繰り返して行ってみてください。

深呼吸をするとリラックスできる(副交感神経が優位になる)という理由は

副交感神経が刺激され、血管が拡張し、手足などの末端まで血流が良くなるからです。

深呼吸をすることで酸素を身体にいっぱい取り込むことが出来、それによって、手足などの末端までの血流量が増加するのです。

 

つまり血流が良くなると筋肉も弛緩するので、心身共にリラックスできるのです。

緊張を落ち着かせたい、就寝前に行うことがおすすめです☆

 

 

 

 

 

 

②心から笑う

笑うにも様々なシーンがあります。

家族や友人といった人とおしゃべりをしたり、お笑い番組や漫画などを見ることで、心から笑ってください。

笑うという行為には優れたリラックス効果があると言われております。

様々な方法がある中で、最も即効性があると言えるリラックス方法です。笑うという行為によって、一気に副交感神経が優位になりますよ!

 

 

 

 

 

 

③ストレッチ

①でも述べたように、血流がよくなると筋肉も緩んで心身ともにリラックスできると述べました。

デスクワークで疲れた、と感じた時にのびをしてみる、席を外して歩くなど体を動かしてあげてください。

デスクワークで座りっぱなしという方に是非やってみてもらいたいのは 首を左右にゆっくり回す柔軟体操です。

まず、頭を前方に倒して、右回りに一周します。そのあと反対に左回りで一周します。

この動作を5〜10回繰り返してください。首や肩の筋肉から緊張が解けて、血流やリンパの流れが改善します。

 

 

 

 

 

 

特に物は必要なく、 すぐ取り入れられる3つを紹介させていただきました。

忙しい中でも、リラックスは大切なことです。

毎日忙しい、疲れが抜けない、というかたに是非実践してみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

 

 

 

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お待ちしております🍀

新年度というきっかけ!!新しいことを始めてみませんか?~飽きっぽい私が続けられるコツ~

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

気が付いたら4月になり、入学式帰りの高校生や構内で迷っている新一年生を見かけてあんな時期もあったなぁと思いだしています。

桜もほとんど散っているのを見ると、新学期が始まったんだなという気持ちになります(*^^*)

 

先日、健康診断があったのですが、前年よりかなり体重が増えていました・・・。

これはまずいと思い、今までバスや車に乗って楽していたところを歩くようにしたり、簡単なストレッチをお風呂上りにするようにしました。

同じようにこれはまずいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、わたしはかなり飽きっぽい方です。

体重に関しても、部活を引退し運動をしなくなってから考えていたことではありました。

最近では携帯のアプリも充実しており、40秒間腹筋をして毎日続けるというアプリを入れてみたのですが、三日も続きませんでした・・・。

AIが筋トレの管理をしてくれるというアプリもあるようで気になっているのですが、きっとすぐやめてしまうんだろうなと思うと入れることをためらってしまいます。

そんな私ですが、今のところ歩いたりストレッチするのは続いています。

それは「毎日無理にしなくてもいい」「いつもやることに少し付け加える」「数字という目に見えるきっかけ」ということが良いのだと思っています。

引退後のように”部活もしなくなったし体重絶対増えているよね・・・。でも本当に増えてるかどうかわからないし・・・。”といったあやふやなままでは、何もしていなかったと思います。

また、”体重増えたんだから毎日何分やらなきゃ!”と考えていたら、一回でもできない日があると続かなくなってしまいます。

飽きっぽい人や続かない人は同じように考えたことがあるのではないでしょうか?

 

今回、歩くようにしている道は40分ほどかかる道とアルバイトの行き返りです。

以前は車やバスに乗っていた道ですが、最近は歩くようにしています。

ここで大事なのは、「車やバスに乗っていた道」ということです。

今日は疲れた、なんか歩きたくないという日もあると思います。

そんな日は車やバスに乗って楽をすればいいんです!

そんなのでいいの?と思う方もいるかもしれませんが、毎回ちゃんと歩かなきゃ!という方が続けられません。

そんなときは自分をちょっと甘やかす逃げ道を作っておくことも一つの方法だと思います。

勿論毎回楽をしてはいけませんが、慣れてしまえば続けられると思います。

 

 

 

 

 

 

もう一つのお風呂上がりのストレッチですが、立ったままできて1分ほどのものをしています。

ちなみに、体を柔らかくしようとして柔軟を始めたこともあったのですが、これは続きませんでした。

こちらはお風呂といういつもやることに「立ったまま」「1分ほど」という手軽さが続けられている理由だと思います。

これはお風呂上りだけでなく、テレビを見ている時や通勤の時なども同じだと思います。

 

今回は健康診断という目に見える結果があったから始めましたが、きっかけは何でもいいと思います。

「新年度だから」「月初めだから」「今日誕生日だから」

とにかく自分が始めようと思った時にきっかけとなるものを作って、具体的な目標を決めるとさらに続けられると思います。

 

この記事を読んで少しでも続けられたよ!という方がいらっしゃれば嬉しいです!!

ダイエットを始めても続けられない、何か始めたいことがあるという方は是非参考にしてください!

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

腸は体と心の健康のカギ

先日、祖母と車に乗っていた時に、「昔はこのあたりにもキツネやタヌキが出たんだよー」なんて話をしていました。

するとその直後、車の前を黒っぽい物体が走り去りました。「えっ、今のタヌキ!?」

祖母といるとこんなことが良くあります。

持ってますね。

 

こんにちは!毛利陽介です!

前回は第3の脳、「皮膚」について書きましたね。

今日は第2の脳、「腸」について書きたいと思います。

何故、腸が第2の脳と言われるのでしょうか。

 

脳は神経を介して、全身の各器官に指令を送ります。

腸にも勿論、脳からの指令が来ているわけですが、脳からの指令がなくても、腸自身が考えて活動することができます。

さらには、腸から脳に向けて沢山の情報を送っています。

しかし、前回書いた「皮膚」も自律して活動し、脳に情報を送りますし、他の器官も同じような働きをしています。

では、「腸」の何が特別なのでしょうか。

一つは「腸内細菌」です。

ヒトの腸には100兆から1000兆個の「腸内細菌」がいると言われています。

ヒトの細胞の数が約37兆個ですから、自分の細胞の数より多いんです!

因みに、「皮膚」にも皮膚常在菌と言われるものがいます。(皮膚と腸には何だか共通点が多いような気がしてきますね。これについては後述します。)

この腸内細菌はセロトニンやドーパミンと言った脳内物質の大半が作ります。

これらの物質が脳に対して指令を出し、脳をコントロールします。

 

では、脳をコントロールしている腸をコントロールするにはどうしたら良いでしょうか。

私たちが食べたものは、腸内細菌のエサになります。

従って、肉を沢山食べれば、肉が好きな腸内細菌が増え、甘いものを沢山食べれば、甘いもの好きな腸内細菌が増えます。

そして、エサを沢山食べて数を増やした甘いもの好きな腸内細菌たちは、脳にこんな指令を送ります。「もっと沢山甘いものを食べろ!」

すると脳、つまりあなたはこう思います。「甘いものが食べたい!」

つまり、私たちが食べたいものとは、腸内細菌が食べたいものだったのです。

 

そして、その腸内細菌たちが出した脳内物質は脳の働き、つまり学習能力や感情、心に影響を与えます。

従って、「記憶力がない」とか「落ち込みやすい」、「最近イライラする」といったことの原因は腸内細菌にあるかもしれません。

 

現代精神医学の父と呼ばれるフランスの精神科医フィリップ・ピネルも以下のように述べています。

「精神異常の主な病原は、たいてい胃と腸の辺りにある。」

そして私はこう付け加えたいと思います。

「それは食事によって改善できる。」

 

続いては腸と皮膚のお話しです。

先程、腸と皮膚には共通点が多いと書きました。

それは何故か。

皮膚も腸(を含む消化管)はどちらも外界と接しています。

皮膚は分かりやすいですね。

消化管も体内にも思えますが、口から肛門までは一本の管(くだ)なので、消化管内はすべて体の外側と言えます。

そして皮膚も消化管も外からの情報を得ます。

皮膚は空気の温度や湿度、あるいは自分が触れたものすべてと接していますし、腸を含む消化管は食べたもの(つまり外から入ってきたもの)と接します。

このように外界と接するために、体にとってマイナスの影響があるものを感知して対処しなければなりません。

そのために、このような働きを持つようになったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、体と心の健康のカギは「皮膚」と「腸」と言えそうです。

ではどうするか。

「皮膚」に対する刺激には鍼(はり)や灸(きゅう))、指圧やマッサージがあります。

日常生活でいえば、身に着ける衣服や体を洗う石鹸やシャンプーがあります。

「腸」の場合は食べ物と飲み物です。

従って、普段から食べ物・飲み物に気を付け、鍼灸治療を受けていれば、体と心の健康に大きく近づくのではないでしょうか。

食べ物・飲み物は具体的に何に気を付ければ良いかについては、また次回以降に書こうと思います。

今回は以上です。

 

毛利陽介でした!

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀