ブログ

体脂肪を落とす際に最初に見直しておくべきこと

こんにちは!

ごくらくストレッチ・鍼灸接骨院の杉山です!

 

院で施術に入っていると、よく聞かれることがあります・・・

「やせるツボってないの?」

僕は「刺激しただけで痩せるツボがあったら、鍼灸師は全員スマートですよ」と答えています。

もちろん脂肪の燃焼を助けたり、食欲を抑えたりするツボはあるのでそれらを組み合わせて使えばやせやすくはなりますよ!

 

今日はこれから忘年会、クリスマス、正月・・・と

何かと食べたり、飲んだりが多くなる時期

少しでも体脂肪を燃やしやすい状態を作るために見直すべきことを紹介していきます!

食事や運動で体脂肪を落としていく際に是非頭に入れておいてほしいことです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

①睡眠リズムをコントロールする

 

すべての生物の体には地球の自転に合わせて生きるための体内時計が備わっています。

日中はしっかりと活動し、夜になればゆっくりと眠りにつく。

このリズムに沿って生活していれば適切な時間に食べてエネルギーを補給し、

必要な時にエネルギーを消費するという効率のいい生活が送れます。

しかし昼夜逆転や不適切な時間の食事は、同じものを同量食べたとしても、脂肪の合成量が非常に高くなってしまうのです!

この生活はお腹の満腹を知らせるホルモンの分泌を減らしたり、食欲増進のホルモンを分泌したりします。

これから年末に向けてこのようになりがちですよね。

 

これをリセットするには、まず朝起きるクセをつける。

何時に寝ようが毎日起きる時間を一定にすることが重要です!

起床後14~16時間後にはホルモンの影響で睡眠が誘発されるのでその夜は適切な時間に眠くなる可能性が高くなります!

 

ポイント!

◎何時に寝る?ではなく、何時に起きる!

◎夜の睡眠を誘発してくれるホルモンを効率的に分泌させる。

◎日中の眠気は15分程度の昼寝でコントロール

◎就寝前は入浴で体を温めて、体温変化を利用。

 

 

②日常生活動作をボトムアップ

通勤しない、家事をしない、極力外出を控えるということになりやすいのが年末年始。

極端に生活の中で活動する量が低下する時期です。

 

極端な運動不足が続くと神経の機能がうまく働かなくなるので、急激に運動した際に

急な血圧の変動が起こりめまいを起こしたりするケースもあります。

なのでいきなり激しい運動をする前に日常生活の活動量を増やしておくのがいいです!

普段の家事に負荷を少し追加というイメージでOK

移動を少し早く歩いたり、鍋をみているときにつま先立ちなど!

 

③ストレスをコントロールする

ストレス太り。なんか言い訳っぽく聞こえますよね・・・

ところが近年ストレスが肥満を促すということが科学的に証明されたそうです。

 

ストレスを体が感じると抗ストレスホルモンが分泌されます。

短期間であれば党や脂肪を分解してくれるのですが、長期間になると逆に食欲を増進させるのです。

 

ポイント!

◎焦っている時こそ深呼吸を!

呼吸は自律神経を整える大事な動きです!

焦っているようなときは浅くて速い呼吸になっていることが多く

ゆっくり呼吸をすることでリラックスすることが大事です!

 

◎休日は積極的に外出し、太陽の光を浴びよう!

太陽の光には体内時計を整える働きとストレスを緩和する働きがあると言われています。

近所への買い物程度でもいいので外出をしましょう!

 

◎食事は誰かとおしゃべりしながら!

親しい友人・家族・パートナーと会話をしながら食事をするのもりっぱなストレス解消の一つ!

 

◎五感を使って食事を楽しむ!

多忙ゆえに食事がインスタントやレトルト食品になっていませんか?

もちろん栄養素的にも摂取できないものもありますが、食材を選んだり、調理する。

味だけでなく、においや音、感触も楽しみましょう!

 

◎夜寝る前にくつろぎの時間を持とう!

本来ならば、午前中から日中にかけて交感神経が活性化し、夕方からよるにかけて副交感神経が優位になる。

ふたつの神経系がいいタイミングでシフトチェンジすることで使途は健康に生きることができます。

ところが仕事のことが頭から離れないと一日の大半を交感神経優位で過ごすことになります。

夜寝る前くらいはボーっとしたり好きな音楽を聴いたり、ゆっくりする時間を設けましょう。

 

◎深夜のネット、メールはNG

光の刺激は体を覚醒させます!

その結果体内リズムが乱れることになります。

 

これらのことに気を付けながら、運動や食事をすることで

より健康に、効果的に体脂肪を減らすことができます。

これから生活が乱れがちな時期にはいっていくので少しでも頭の隅に置いておいてもらえると幸いです。

 

ワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899

LINEでも予約ができるようになりました。
QRコードを読み取ってくださいね。
ご予約お待ちしております✨

 

デトックスティー

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

東洋医学では冬は蓄える季節と言われています。

春から夏にかけて消耗したものを取り戻す時期ということです。

私は蓄えると聞くと 太る などのイメージがあり

あまりよく思えません  😐 

体内をデトックスしたい…と感じている方必見です。

 

 

 

 

 

 

デトックスにおすすめしたい飲み物は

ハトムギ茶です。

ハトムギにはタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB群、脂質、糖質など

豊富な栄養素が含まれています。

ハトムギにはニキビ、シミなどの高い美容の効果が有名ですが、

便秘やむくみの改善も期待できます。

ハトムギには茶葉の中でもカリウムがあまり含まれていないため、

リンパの余分な水分が排出され便秘を解消します。

それにより老廃物が排出され、血液の循環もよくなりデトックス効果があると言われています。

さらに、ハトムギはアミノ酸のバランスも良いので、

新陳代謝を増進させる作用もあるといわれています。

 

 

 

 

 

 

↑ ハトムギ

お茶の味は香ばしく飲みやすいので、どんな食事にも合いますよ 🙂 

濃いめに入れると効果効能が感じられやすい飲み物です。

ハトムギ茶は妊婦の方にもノンカフェインなので飲んでもらうことができます。

みなさんもよかったら飲んでみてください🍵

 

 

 

 

 

 

名東区初のストレッチ専門店です。

体の悩み気軽にご相談ください‼

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

乾燥知らずのお肌へ

 

こんにちは。

ごくらく鍼灸接骨院の木村です!

どんどん真冬の寒さへとむかっているこの時期、皆さんのお家や職場では暖房をつけはじめているところも多いはずです。

冬は空気中が乾燥しやすい上、暖房をつけると喉が乾燥するだけでなくお肌もさらに乾燥しやすくなります。

そこで今日は空気が乾燥するこれからの季節に多い肌トラブル「乾燥」についてお話ししていきます。

 

 

 

 

 

 

お肌の乾燥の原因はたくさんありますが、一番気をつけることは生活習慣です。

例えば睡眠不足だと、睡眠中に分泌される成長ホルモンが十分に分泌されずターンオーバーのサイクルが乱れます。このように生活習慣が不規則だとお肌の乾燥に重要な保湿機能を低下させる要因になります。

乾燥を予防するにはお肌の水分量を保つことが重要です。

もちろん乾燥をケアする保湿成分を含んだ化粧品を使うことは大事です。しかし、保湿成分はお肌の「真皮層」に存在し、化粧品では真皮層まで浸透するわけではありません。

 

そこでオススメなのは美容鍼です。鍼は真皮層にある細胞たちにも刺激を与えることができるので、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を自らの力で作り出すことができます。なのでお肌の内側から乾燥しにくいお肌を手にいれることができます。ヒアルロン酸やコラーゲンなどは乾燥だけでなく肌の弾力をキープする役割もあるので、シワにも効果的ですよ。

当院では鍼だけでなく、水分量を調節してくれるお灸も一緒に使って施術していくのでお肌の乾燥にはすごく効果がありますよ。

皆さんも是非一度ごくらく美容鍼を受けて、乾燥なしの潤った肌でこの冬を乗り越えましょう!

☆ホームケアでのヒント☆

お顔だけでなく、お身体にクリームを塗るときはまず化粧水などで浸透しやすい土台づくりも忘れずに行ってくださいね☆

 

ご予約はお電話、

もしくはLINE@からも受付中です♫

紅葉

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

秋といえば紅葉!この時期は様々なところできれいに色づいた紅葉をみることができますね。

そこで今回は紅葉について紹介していきたいと思います。

〈紅葉の仕組み〉

すべての木が色づくのでなくカエデやイチョウといった落葉樹が紅葉します。

落葉樹の葉の色はたいてい緑色をしています。この緑色の正体は葉緑素です。葉にはこの葉緑素が多く含まれています。

これをクロロフィルと言います。またカロチノイドと呼ばれる黄色い色素も含まれていますが量がクロロフィルより少ないため

緑色に隠れて見えません。

冬に葉を落とす落葉樹は秋になって気温が下がると、水分や糖分の供給をストップします。

するとクロロフィルが壊れてしまうためそれまで隠れていたカロチノイドが浮き出でみえます。これがイチョウなどの黄葉です。

また、葉の中に残った糖分によってアントシアンという赤い色素がでてくると赤が目立ち紅葉になります。

〈良い紅葉の条件〉

・昼と夜の寒暖差があること

夜に気温が高いと昼に作った養分を使って活動してしまうためきれいな赤色になりません。

・日中の天気が良いこと

赤い色素となる糖分は光合成によって作られるため。

・適度な水分があること

乾燥しすぎると紅葉の前に枯れてしまいます。

これらの条件がそろうときれいな紅葉になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

全国各地で見ごろをむかえています。少し足をのばして見に行ってみてはいかがでしょうか^^

 

 

052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

肌の老化を防ぐ食べ物とは(ビタミン)

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

今日はお肌について書いていきます。

化粧ノリが悪くなった、昔より肌がくすんでいる…とふと感じる場面あると思います。

皆さん、肌の老化はいくつからはじまっていると思いますか?

 

 

 

 

 

 

なんと…16.5歳からと言われています 🙄

昔は25歳などと言われていましたが、年々若くなっているそうです。

その原因として食事の欧米化が主に上げられています。

昔はなかったファストフードや高カロリーフードも今では街にあふれて、

当たり前の存在となっているため、

全く口にしない、というのも難しい時代となっています。

 

そんな中でお肌のためにとると良いものを紹介していこうと思います。

お肌にとって欠かせないものはビタミンです。

ビタミンにもビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEと様々な種類があるんですよ。

食べ物でオススメしたいものを一つ紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

かぼちゃ

かぼちゃはビタミンAやβ-カロテン、ビタミンEなどの栄養が含まれています。

ビタミンAには肌の粘膜を丈夫にし潤いを保つ効果があります。

ビタミンA自体は体内に蓄積しますので過剰摂取には注意をしてほしいのですが、

植物性ビタミンAのカロチンは体内に蓄積せず、余分な量は体外に排出されるので、とりすぎの心配は基本的にはありません。

野菜から積極的にとりましょう。サプリメントの場合は野菜系のカロチン由来がおすすめです。

ビタミンEは、酸化を防ぐとともに血行を良くします。

血行を良くすることで、お肌の新陳代謝も活発になりシミ対策にも効果があります。

さらに、活性酸素の働きを抑え、お肌の老化を防いでくれます。

 

 

 

 

 

 

ビタミンの種類ごとの効果としては

ビタミンB群

とくにビタミンB2やビタミンB16が不足すると、正常な細胞が作られなくなり、最初に肌の表面に影響が出ます。

ニキビや肌荒れ、口内炎になる方は不足している可能性が高いです。

ビタミンC
保湿・鎮静・収斂・除菌・美白・活性酸素の消去・コラーゲン生成です。
コラーゲンの生成には亜鉛も同時に必要です。

 

複数の栄養素を備えているものは数多くあります。

諦めているお肌のトラブルも内側から整えていくことで変化があるはずです。

意識して改善してみましょう❣

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

ストレッチ体験もやっております。

お気軽にご利用ください♪

 

 

052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お待ちしております🍀