未分類

持久力トレーニング

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

スポーツの秋ということでこの時期に運動をする人も多いですよね。

そこで今回はこれから運動を始める方、疲れない身体が欲しい方に持久力をつけるためのトレーニング方法について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈全身持久力〉

全身持久力とは全身を長期間にわたり動かし続けられる力のことで一般的に「スタミナがある」と表現されるときは全身持久力のことを指しています。

また心臓・肺の強化をするため心肺持久力とも呼ばれます。

マラソン・ジョギング・水泳など全身をつかって運動する種目に必要な持久力です。

全身持久力が向上すると毛細血管が発達し、筋繊維内に流れ込む血液量が増えます。

血液量の増加に比例して運搬される酸素も多くなるため有酸素運動に必要な酸素を長時間供給することが可能になります。

最大酸素摂取量が向上すると肥満・動脈硬化・メタボリックシンドロームなどに代表される生活習慣病にもつながります。

〈有酸素運動〉

全身持久力を高めるための有酸素運動にはジョギングや早足、サイクリングなどが適しています。あまりきつすぎない一定のリズムで呼吸できるレベルの強度で

長時間続けることを意識して行うといいでしょう。少し早足で行うウォーキングは安全で手軽に始められることから日常に取り入れやすい運動です。

毎日1時間を目安に運動生活を取り入れてみましょう。すでに運動習慣があるときは少し強度を上げる、運動時間を増やすなどの工夫をしてみるのもいいでしょう。

〈インターバルトレーニング〉

さらにレベルアップしたいときはインターバルトレーニングを取り入れてみましょう。

心拍を上げる時間(急走期)は1分あたり160~180拍に設定し、不完全休息(レスト)で120~130拍まで心拍を下げます。

この組み合わせを数セット行うことで心肺機能の強化、スピードアップ、またマラソンのレースペースを養うなどの多くの効果が得られます。

 

持久力をつけることは生活習慣病の予防にもつががります。ぜひ取り組んでみてください。

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく体調が悪い…そんな方は秋風邪かもしれません!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

じっとしていたら肌寒いと感じますが、少し動いていると汗が出てきます…

なんだか風邪を引きそうな天気が続いていますね。

 

いまは暑い夏が終わり、過ごしやすい時季です。

この時季こそ『秋風邪』が流行っているんです!!!

夏は暑さ・夏バテ対策をしたり、冬は乾燥や冷え対策をしたりと気をつけている方が多いのですが、油断しがちな秋こそ、風邪をひいてしまう可能性が高いです。

夏が過ぎたのに、体のだるさが取れない、鼻水が止まらないといった経験はありませんか?

夏の疲れだろうと放っておく方もいらっしゃいますが、それらは、秋風邪かもしれません!

風邪はどの季節にも引く方はいますが、他の季節とは少し異なる症状もあります。

・かわいた咳が多い

・高熱は出にくい

・鼻水やのどの痛み、頭痛を伴うこともある

・病院に行くほどでもない症状が長引く

・肌がかゆい

といった症状があり、なんとなく体調が悪いといったことが多いといえます。

そして、その体調不良は長く続きやすいというのが特徴です。

なんだか厄介ですね…… 😐  

 

 

 

 

 

 

 

そんな秋風邪にかかってしまったら何をすればいいのか…

基本は手洗い・うがいや睡眠をとる、水分をしっかりとる、といったすべての風邪に共通することをすると思います。

さらにイチジクや梨、柿、栗といった秋の果物はのどや肺を潤す働きがあるので積極的に食べると良いです。

季節の食べ物をとるとその時に必要な栄養素が取れると言われています。

予防のためにも季節の、旬の食べ物を摂ることは良いです。

 

 

 

 

 

 

また冷たい飲み物やジュースをよく飲まれている方は温かいお茶に、食べ物も温かいものを摂るようにしましょう。

身体を温めることが大切です。

夏の名残でお風呂をシャワーで済ませている方も、ゆっくりお風呂に浸かって体を温めてあげることも

秋風邪予防に効果的です。

秋風邪はなんだか体調不良だなぁと感じていながらも、そんなに重い症状ではないので

病院へは行かなくていいやと思ったり、甘く見てしまいがちです。

そんなことが積み重なって、風邪が長引いてしまうということがあるのです。

そんなときは、一日家で過ごす時間をとり、ゆっくり過ごしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

アンチエイジングと鍼灸

こんにちは!

毛利陽介です!

 

臓腑経絡シリーズ② ―腎―

 

「腎」は泌尿・生殖・内分泌機能と関係が深く、老化とも密接な関わりがあります。

人は歳を取ると泌尿器が衰え頻尿などの症状が出、生殖機能が衰え(女性では閉経)、ホルモンバランスが乱れます。

他にも、耳鳴りや難聴、足腰の衰え、白髪や脱毛、骨粗鬆症、記憶力の低下や認知症といった症状の多くには腎が関わります。

また、先天的な病の多くも腎が弱いことで起こります。

更年期障害によるホットフラッシュや肩こりも腎の弱りから来ます。

 

鍼灸治療では腎の弱りによる肩こりや五十肩、腰痛、膝痛といった症状に対して腎を高める治療をします。

腎経のツボ

 

 

 

 

いずれも内くるぶし周囲のツボです。

腎のツボは老化による症状に良く使います。

現代風に言うと、アンチエイジングのツボとも言えるかもしれません。

因みに腎が弱ると臍下丹田(おへその下)に力がなくなります。

手で触ってセルフチェックができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

現代日本人に最も多いのは

こんにちは!

毛利陽介です!

 

臓腑経絡の紹介第一弾

今回は「脾」について紹介します。

 

脾は主に消化器系の機能をつかさどります。

飲食物を消化吸収し、栄養物質と水分を全身に送ります。

脾は湿気に弱く、湿気で悪化する症状は脾の病であることが多いです。

日本は湿度が高いため脾を傷めやすいです。

特に現代は密閉した家屋と、甘いものや炭水化物の過食によって助長されています。

狭心症、外反母趾、出血しやすい、脳血栓、秋の花粉症などは脾の病である場合が多いです。

 

脾を病む原因

①甘いもの

②過労

③アルコールの過剰摂取

 

脾の病をを治すには

①運動をする

②腹八分目

③水分を摂りすぎない

④雑念を去る

 

脾経のツボ

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀

台風・低気圧での体調不良は予防改善できますよ!

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

この時期は台風が多いですね…

天気が良くないと頭痛だったり、なんだか体がだるく重たい…といった症状が現れる方もいらっしゃると思います。

天気が良くないと体調がすぐれない人も多く、気分が上がらないのも無理はありません。

ただ単に体調管理ができていないからというわけではなく、

気圧の変化が大きく関係しています。。。

台風が起こると気圧が変わります。(梅雨の時期など雨でも変わります。)

 

 

 

 

 

 

晴れのときを基準として日々私たちの身体はバランスをとっています。

身体のバランスをとっているのは自律神経といわれる神経で、

副交感神経(寝ている時やリラックスするときに優位に働く)と交感神経(起きている時や興奮しているときに優位に働く)の2つからできています。

この2つのバランスが崩れると、頭痛やだるい、といった症状が現われます。

さらに台風・低気圧がおこると血管が膨張し、血流が悪くなるそうです。

血流が悪くなることによって頭痛やめまいが起こる方がいるということです。

さらに、低気圧により空気中の酸素は減ります。酸素が不足する事で自律神経が乱れ、頭痛や倦怠感といった身体の変化が起こるだけでなく、

うつのような症状も出る方もいるとのことです。

 

 

 

 

 

 

では台風・低気圧で起こる体調不良はどのようにしたら予防改善できるのか、

今回は3つ紹介していきます。

 

①深呼吸をする

酸素が不足することで自律神経が乱れると上記で書かせていただきました。

不足しているのなら、酸素を取り入れることで自律神経は整うということです。

深呼吸のポイントは息を吐く時です。吐ききることを意識してゆっくり、深く呼吸してみてください!

中々寝付けないや疲れが抜けにくい、とお悩みの方にも効果的ですよ!

 

 

 

 

 

②汗をかく

汗をかくことで体の血流がよくなり交感神経が活発になるので、体のダルさや気分の沈みが少しは解消されます。

汗をかくといっても、運動だけではなく、半身浴をして汗を流すということでも効果はあります!

中々汗をかいたりすることが難しい方はストレッチをすることでも効果はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③適度な睡眠時間を確保する

適度な睡眠とは一般的には7~8時間と言われています。

睡眠時は副交感神経が優位に働くと言われているので、とても疲れているから今日はお昼まで寝てしまおう、といった行動は

自律神経のバランスを乱す行動にもなりかねません。。。

人によってはショートスリーパー(一般的な人より睡眠が短い人)やロングスローパー(一般的な人より睡眠が長い人)もいらっしゃるので

自分に合った睡眠時間を確保していただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

天気とともに気分もブルーになりがちな方是非実践してみてください!

台風や天気の変化に負けない快適な日々を過ごしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。