みかんの栄養

みかんの栄養

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

日本の風物詩ともいえる「こたつにみかん 」この時期はみかんが食べたくなりますよね!みかんはビタミンCが豊富に含まれていて体にいいイメージがあります。そこで今回はみかんの効果効能についてもう少し詳しく紹介していきたいと思います!

〈風邪予防〉                              みかんには皆さんご存知の通りビタミンCが多く含まれていますみかんを2つ食べると1日に必要なビタミンCを摂ることができます。ビタミンCに他にもビタミンA,Eなどもあります。これらのビタミンには免疫力を高める作用があります。そのため風邪を引きにくくしてくれます。                〈がん予防〉                              みかんはビタミンのイメージが強いですが実はβクリプトキサンチンという栄養素が多く含まれていることが最大の特徴といえます。βクリプトキサンチンとはカロテノイドの一種でみかんのオレンジ色の色素を作り出しています。これは強い抗酸化作用をもち発がん物質から細胞を保護する効果があります。     〈生活習慣病予防〉                           みかんはβカロテンを多く含み果物の平均の4倍ほどの含有量です。βカロテンもカロテノイドに分類されるためβクリプトキサンチンと同様強い抗酸化作用を持っています。そのため生活習慣病の予防にも効果があります。またカロテノイドは必要に応じてビタミンAに変換されるため目の健康をを守ったり皮膚や粘膜を正常に保つ効果も期待できます。                   〈便秘予防〉便秘予防といえば食物繊維ですよね。みかんはそんな食物繊維の宝庫なんです。みかんには食物繊維の一種であるペクチンが多く含まれていてこれに整腸作用があります。ちなみにペクチンはみかんの薄皮に多く含まれているので薄皮を向かずにそのまま食べるのがおすすめです。

みかんにはこのようにいい効果がT多くあります。しかし食べ過ぎてしまうと体を冷やしたり糖分の摂り過ぎになることもあります。1日に食べる量は2個までにしておくのが良いでしょう。   


お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀