睡眠④ 睡眠の役割

睡眠④ 睡眠の役割

Pocket

こんにちは!

毛利陽介です!

 

前回は、質の高い睡眠によって、風邪・アレルギー・がん・肥満・糖尿病・高血圧・認知症・うつ病・老化などを予防することを見ていきました。

では、睡眠にはどのような役割があるのでしょうか。

 

①脳と身体の休息

日中、活動しているときは基本的に交感神経が優位です。

一方で睡眠中は副交感神経が優位になります。

睡眠中に自律神経を整えることで、脳と身体を休ませます。

自律神経が整うことで体温・心臓の動き・呼吸・消化・ホルモン・代謝などが調整されます。

 

②記憶の固定・整理・強化

睡眠は記憶を整理して定着させます。

スポーツなどの身体で覚える記憶も睡眠中に定着します。

また一方でネガティブな記憶の除去も睡眠中に行われます。

 

③ホルモンバランスの調整

脳はホルモンバランスを制御しており、睡眠時には多くのホルモンが働いています。

特に成長ホルモンの分泌により、タンパク質の合成が促進され、皮膚や筋肉の再生が促されます。

 

④免疫力を上げる

自律神経やホルモンバランスが整うことや、骨髄の造血力アップ、腸の働きが高まることによって、免疫力がアップします。

 

⑤脳の老廃物の処理

睡眠中に新しい脳脊髄液が出て、古いものが排出されることで、脳の老廃物が除去されます。

脳の老廃物の中にアミロイドβという物質がありますが、これはアルツハイマー型認知症の原因物質です。

 

睡眠には大まかに以上の役割があります。

質の高い睡眠が取れれば、健康になるだけでなく、仕事や学業・スポーツのパフォーマンスもアップします。

 

つづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

 

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀