寝る前にゴキブリ体操で、むくみ解消&代謝アップ!?

寝る前にゴキブリ体操で、むくみ解消&代謝アップ!?

Pocket

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

昼間は30度、秋はまだ先かなぁと思っていましたら、すっかり秋になってしまいました。

上着を持っていなかったり、薄着で過ごしたりして

気づいたら体が冷えてしまっている、肌寒いと感じるようになりました。

冬と比べてしまうと、震えるほど寒くないし、大丈夫!と思っていても体が冷えていることには変わりはありません(^^;

体が冷えると、代謝が落ちるだけでなく、血流もうまく流れにくくなるのでむくみなどの原因にもなります。

さらに足がむくんでいるとだるいなぁという不調を感じるだけでなく、足が太くなる(むくんでいるので)と容姿の悩みも出てきます。

筋肉をつけたり、マッサージで流したり、むくみにくくできたら良いのですが、

忙しい日々で毎日ケアをすることは難しいとおもいます。

そんな方にも簡単にできる体操を紹介したいと思います!

ずばり『ゴキブリ体操』です!!!

耳にしたことがある方も多いと思います。

名前の由来はゴキブリがひっくりかえってバタバタしていることからだそうです。

動きを想像するとピッタリだと思いますがなんだか愛着のわく名前ではないですね、、、;

 

しかし、効果は抜群なんです!!!

ゴキブリ体操をするだけで、全身の血流が隅々まで良くなると言われています。

 

 

 

 

 

上の画像がゴキブリ体操の基本姿勢です。

日常生活では通常、手足は心臓より低い位置にありますが、その位置を一時的にでも高く上げることで、下にたまりがちだった血液が流れます。

むくみを解消するだけでなく、血流も良くなるということです。さらに血流がよくなれば、全身の代謝が上がり、肥満解消、ダイエットにも役立つわけです。

さらに、できるだけ上げるように心掛けることで、おなかや腰の筋肉が使われ、下半身のシェイプアップにつながるのです。

その姿勢で手足を振動させることで、末梢の血液循環もよくなります。末梢の血液循環がよくなることで、手足の冷えも解消してくれるということです。

これらから冷え症の人はもちろん、腰痛やひざ痛がある人も、この体操を続けると症状が改善されていくといわれています。

 

そんなゴキブリ体操の方法はとても簡単です。

まず、手足を床に付け、仰向けになり、体の力を抜きます。

体の力を抜いたら、手足を上にあげます。

この時に腰はなるべく浮かせないことを意識しましょう。

基本の姿勢がとれたら、手首・膝を軽く曲げ、力を抜いてバタバタ動かします。

 

 

 

 

 

ゴキブリ体操は、無理に長い時間行う必要はありません。30秒~1分行えば十分です。

短い時間でも毎日続けることが重要で、1日1回を目安に行ってみてください。

ポイントは肩や太ももに力を入れ過ぎず、リラックスして行うことです。

息切れしてしまう人は、力を入れ過ぎている証拠です。

無駄に力が入ってしまうという方はうまくバタバタするのが難しく感じるかもしれません。

手足を床に付けて、仰向けで寝ているときに目を閉じて、身体の力を抜くとリラックスしてできるかもしれません。

体操終了時に体が軽く感じるくらいがちょうどいいです。

 

ゴキブリ体操を行うタイミングでおすすめしているのは夜寝る前です。

 

 

 

 

 

 

1日デスクワークや外回り、様々でありますが、疲れがたまった足は、夜になるとよりむくみます。

ベッドで寝る前にゴキブリ体操を行えば、全身、足の血流がよくなり、むくみが緩和されます。

ゴキブリ体操はフローリングなどの床で行うと背中が痛くなってしまう恐れがあるので、

ベッドやマットレスといった身体が痛くならないところで行うことをおすすめします。

寝る前に行えば、一石二鳥ということです。

シンプルで効果が感じられやすいので、

運動をするのはめんどくさい、難しいことは苦手な方でも続けやすいです。

 

是非行ってみてください♪

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。

 

 

 

tel☎:052-701-8899