秋に咲く花”彼岸花”

秋に咲く花”彼岸花”

Pocket

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

すっかり肌寒くなり、外に出かけやすい季節になりました。

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と活発になりますね!

涼しくなってきて、ランニングや散歩とお出かけする方も増えているのではないでしょうか。

そんな時に、季節の花をみながら、四季を楽しめるといいですね。

今回は秋に咲く花について書いていこうと思います。

この時期見ごろなのは“彼岸花”ですね!河川敷などに一面に咲いているのをみると

秋だなぁ、としみじみしてしまいます。。。

 

 

 

 

 

 

彼岸花の由来はちょうど秋の彼岸の頃に花が咲くことからとされています。

開花の適温は、気温18℃~20℃と9月の半ば過ぎ~下旬にかけてで、「秋のお彼岸」に合致する地域が多いようです。

そして一斉に開花して、目立つ赤い花なので、農作業(秋の作物の種まきなど)の目安としても利用されてきたようです。

 

彼岸花には別名も多く、方言として地域色豊かなで、その数1000を超えるとも言われます。

代表的な別名は “曼珠沙華”(まんじゅしゃげ)です。

これは「天上の花」という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典によります。

こちらは「慶事の前触れ」なのでポジティブなシンボルなのです。

しかし、一方でネガティブな別名もおおく言われています。

死人花”しびとばな)“幽霊花”(ゆうれいばな)と言われており、あまりに鮮烈な赤い花であることや

葉は無くて、花茎だけがスーッと伸びることなどが、どこか現実離れしたものであり、

縁起が悪いといったイメージに結びつけられたと思われます。

 

彼岸花には花言葉かいくつかあります。

悲しい思い出…彼岸の花=親しい人・愛する人との別れを意識させる位置づけから。

情熱…鮮やかな赤い色の花であることから。

独立…花期は葉が無く、花茎だけが直立して花咲くことから。

再会…亡き人を偲ぶ(=再び会いたいと思う気持ち)彼岸の時期に咲くことから。

と様々な言葉があります。

 

キレイだなぁとお花見をするのも楽しいですが、

花言葉や花言葉の意味を調べてみると、さらに楽しめるかもしれませんよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。