私は乾燥肌?脂性肌?見分け方をご紹介します!!

私は乾燥肌?脂性肌?見分け方をご紹介します!!

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です!

夏の暑さも和らぎ、道路にどんぐりが転がっているのを見かけるようになりました。

運動不足をひしひしと感じるのでたまに歩くようにしていますが、どんぐりや栗、道端には彼岸花と秋を感じることができます。

 

 

 

 

 

 

ところで皆さんは自分のお肌が「乾燥肌」か「脂性肌」かご存知ですか?

私は夕方になるとおでこや鼻がべとつくので、自分は脂性肌だと思っていました。

ところが最近通い始めたエステサロンで乾燥肌だと言われました。

確かに足は乾燥することがあり、ひび割れることもあるなと思いましたが顔ばかり気にしていました。

肌によって対策は変わりますし、自分の肌を知ることは大事です。

一度自分の肌がどの肌に当てはまるか見直してみませんか?

 

〇特徴と対策

 

 

 

 

 

 

 

・乾燥肌の場合

角質の水分や脂質(セラミド)が少ない肌で、砂漠の様な肌と言われます。

カサカサしてかゆくなったり、ひび割れや白い粉がふくことがあります。

水分が足りてないことが問題なので、保湿成分のあるスキンケアやシャワーだけで済ませず湯船に浸かるということが対策になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・脂性肌の場合

皮脂分泌が多い肌で、ニキビができやすくなる環境の肌と言われます。

べたつきやすく、化粧のりが悪い、化粧崩れしやすいといったことがあります。

皮脂を抑えることが重要なので、洗顔をきちんと行ったり油か多い食べ物を控えたりすることが対策になります。

 

乾燥肌と脂性肌の特徴と簡単な対策をお伝えしましたが、実は肌の種類は他にもあります。

 

・乾燥性脂性肌

隠れ乾燥肌と言われるもので、水分は少ないのに皮脂分泌は多いという悪いところの寄せ集めのような肌になります。

隠れ乾燥肌という名前から察するものがあるかもしれませんが、元は乾燥肌なので対策としては保湿がメインになります。

べたつきが気になるという方は、洗顔をこまめに行うようにしましょう。

 

「混合肌」や「敏感肌」といった特殊な場合もありますが、大きくは「乾燥肌」「脂性肌」「乾燥性脂性肌」の3つに分かれます。

間違った対策を防ぐためにも、自分の肌はどれに当てはまるか調べてみてください♪

自分ではわからない!という方は、皮膚科やエステサロンに行けば調べてもらえると思います。

これから冬にかけては乾燥肌がひどくなる時期です。

自分の肌について知り、早めに対策しませんか?

当院で行っている美容鍼も肌のお悩みを解決する方法のひとつです。

是非お試しください!!

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀