台風・低気圧での体調不良は予防改善できますよ!

台風・低気圧での体調不良は予防改善できますよ!

Pocket

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの永谷です!

この時期は台風が多いですね…

天気が良くないと頭痛だったり、なんだか体がだるく重たい…といった症状が現れる方もいらっしゃると思います。

天気が良くないと体調がすぐれない人も多く、気分が上がらないのも無理はありません。

ただ単に体調管理ができていないからというわけではなく、

気圧の変化が大きく関係しています。。。

台風が起こると気圧が変わります。(梅雨の時期など雨でも変わります。)

 

 

 

 

 

 

晴れのときを基準として日々私たちの身体はバランスをとっています。

身体のバランスをとっているのは自律神経といわれる神経で、

副交感神経(寝ている時やリラックスするときに優位に働く)と交感神経(起きている時や興奮しているときに優位に働く)の2つからできています。

この2つのバランスが崩れると、頭痛やだるい、といった症状が現われます。

さらに台風・低気圧がおこると血管が膨張し、血流が悪くなるそうです。

血流が悪くなることによって頭痛やめまいが起こる方がいるということです。

さらに、低気圧により空気中の酸素は減ります。酸素が不足する事で自律神経が乱れ、頭痛や倦怠感といった身体の変化が起こるだけでなく、

うつのような症状も出る方もいるとのことです。

 

 

 

 

 

 

では台風・低気圧で起こる体調不良はどのようにしたら予防改善できるのか、

今回は3つ紹介していきます。

 

①深呼吸をする

酸素が不足することで自律神経が乱れると上記で書かせていただきました。

不足しているのなら、酸素を取り入れることで自律神経は整うということです。

深呼吸のポイントは息を吐く時です。吐ききることを意識してゆっくり、深く呼吸してみてください!

中々寝付けないや疲れが抜けにくい、とお悩みの方にも効果的ですよ!

 

 

 

 

 

②汗をかく

汗をかくことで体の血流がよくなり交感神経が活発になるので、体のダルさや気分の沈みが少しは解消されます。

汗をかくといっても、運動だけではなく、半身浴をして汗を流すということでも効果はあります!

中々汗をかいたりすることが難しい方はストレッチをすることでも効果はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③適度な睡眠時間を確保する

適度な睡眠とは一般的には7~8時間と言われています。

睡眠時は副交感神経が優位に働くと言われているので、とても疲れているから今日はお昼まで寝てしまおう、といった行動は

自律神経のバランスを乱す行動にもなりかねません。。。

人によってはショートスリーパー(一般的な人より睡眠が短い人)やロングスローパー(一般的な人より睡眠が長い人)もいらっしゃるので

自分に合った睡眠時間を確保していただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

天気とともに気分もブルーになりがちな方是非実践してみてください!

台風や天気の変化に負けない快適な日々を過ごしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。

スポーツをしていない方でも大歓迎です♪

お気軽に体のお悩み相談してください。

美容鍼灸も受け付けております!

鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。