夏野菜で暑さに負けない体をつくろう!

夏野菜で暑さに負けない体をつくろう!

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

ほんとに今年は暑く、体に疲れがたまりますよね。また、暑さで食欲がなくることもありますよね。

しかしこの暑さをのりきるにはしっかり食べることが大切です。

なので今回は夏野菜について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

夏野菜には「ナス」「トマト」「かぼちゃ」「きゅうり」「とうもろこし」などなどいろいろな種類があります。

これら夏野菜は暑さを和らげる効果に長けて、体を冷やす作用があるんです。

では野菜ごとにその効果を見ていきましょう!

●ナス

 ナスは夏の暑さによって生じた体内温度を下げる作用があり、体内にこもった熱を発散させるほかのぼせや火照りを改善する効果があります。

 また、免疫機能を増進させ夏風邪を引きにくくしたり、胃の消化液の分泌を促進し暑さによる食欲不振を改善したり、ビールなどのアルコール摂取によって弱った肝機能の

 働きを高めたりといった効果もあります。

●トマト

 体内の塩分を取り除き、疲労回復を促してくれます。さらに血圧を下げてイライラを解消し、食欲を増進させる効果があります。 

 また、トマトの酸味にはクエン酸やリンゴ糖などが含まれていて疲労回復にも有効であったり、リコピンという色素は体内で活性酸素の発生を抑えがんを抑制し、動脈硬化を予防する働き

 も持っていたりします。

●かぼちゃ

 かぼちゃには細胞の老化防止、免疫力アップ、皮膚の粘膜を健康に保つ、コレステロール値の低下、がん予防などといった効果があります。

 またかぼちゃの栄養素はわたや皮に多く含まれています。種にも亜鉛やミネラルを多く含んでいます。

●きゅうり

 水分が多く含まれ、その中にはカリウムが含まれています。程よい水分補給になったり、大量の汗をかいた後の足の痙攣の症状の和らげてくれたりします。

 他にも日焼け後の皮膚の火照りを鎮める効果があり、日焼けをした日のうちにきゅうりを薄く切ったものを日焼けの部分にはり、きゅうりが乾燥したら新しいのに変える。これを火照りが治るまで

 何度か繰り返すと次の日には火照りが治り、ムラ焼け、シミのないきれいな肌に戻ります。

●とうもろこし

 不溶性食物繊維を豊富に含み、腸の蠕動運動の働きを活発にし便の排出をスムーズにしてくれます。

 またとうもろこしにはセルロースが含まれていて腸内の善玉菌のエサとなるので腸内環境を良くしてくれます。

 他にも夏バテによる疲労の回復、冷房や冷たいものの過剰摂取による冷えの改善と血行促進の効果もあります。

 

暑いと食欲不振になりがちですが夏野菜を食べて体が弱らないようにしましょう^^

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀