紫外線対策

紫外線対策

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

この時期から夏にかけて気になるのが日焼け、夏には海に行ったりお祭りに行ったりと外にでる機会が多いですよね。

しかし日焼けはしたくないという方も多いです。今回はそんな方のために紫外線対策について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

紫外線はしみ、しわの原因となるだけでなく皮膚がんや白内障などの病気にかかるリスクも高め、皮膚の免疫力を低下させ感染症になりやすくさせます。

〈日焼けのタイプ〉

紫外線を浴びると、血管が拡張し血液量が増え赤くなります。(紫外線を浴びると遺伝子が傷つきその傷が治らないときも血管が拡張する)

⇒紫外線を浴びるとメラニンという色素細胞がつくられ肌が黒くなります。

⇒紫外線を大量に浴びた場合メラニンが過剰につくられそれがしみとなります。

ちなみに、メラニンをつくる能力は遺伝子によって決まていて、メラニンをつくる能力が高い人は肌が黒く(褐色)なりやすく、

反対にメラニンをつくる能力が低い人は肌が赤くなるだけで黒く(褐色)になりにくいです。

つまり、メラニンをつくる能力が高い人はそれだけしみをつくってしまう可能性も高くなります。ただ、メラニンは紫外線から肌を守る力があります。

肌が赤くなるだけで黒くならない方は紫外線の悪影響を受けやすく、さらに傷ついた遺伝子が修復されず皮膚がんの大きな原因ともなりますので、より注意が必要です。

〈紫外線対策〉

対策としては帽子や日傘、日焼けどめなど様々あります。

服を選ぶ際、紫外線対策に最も効果的な素材は『ポリエステル』です。ポリエステルは紫外線を吸収する作用があるので紫外線対策として着るには非常に良い素材となります。

逆に夏に良く着るTシャツなどの綿素材は紫外線を透しやすいので紫外線対策には向いていない素材といえます。

また夏といえば白色のTシャツを着る機会が多くなると思いますが、白などの淡い色は黒などの濃い色に比べて紫外線を透しやすく、反射しやすいため紫外線対策を考えるのであれば白色系の薄い色は適していません。

紫外線対策を目的とするのであれば黒色などの濃い色の服が良いといえます。

また最近では目から入る紫外線が白内障などの目の病気に繋がる確率が高くなると言われています。そのためサングラスや眼鏡をつかって紫外線から目を守ることが重要です。

〈食生活〉

ビタミンBは美容に効果的な栄養素としてしられています。

特にビタミンB2は健康なお肌や髪の毛を作るには欠かせないだけでなく、がん予防にも効果的だとされていて、皮膚がん予防にもいいといわれます。

他にもビタミンCには抗酸化作用があり紫外線をあびて発生した活性酸素をたおしてくれます。

このように食生活からも対策することができます。

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀