日本のスーパーフード梅干

日本のスーパーフード梅干

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの栗田です!

私たち日本人にとって身近な食べ物でおにぎりの具として日常的に食べられていますよね。

今回はそんな梅干の驚くべき効果について紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

梅干は奈良時代にはお菓子として食べられていて、平安時代になると中国から薬として梅を塩漬けにした梅干が入ってきました。

明治時代になると梅干は薬として認められ伝染病患者などに与えられたとされています。

〈殺菌効果〉

梅干には食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐ機能があることが分かっています。食中毒を引き起こす細菌に効果を発揮するのは梅干に含まれる

クエン酸です。体力がおちて抵抗力が低下しているときは細菌の影響を受けやすいので積極的に梅干をとるといいでしょう。

また、口内の細菌にも作用して口臭予防の役割もはたします。

〈アンチエイジング効果〉

梅干のすっぱさででる唾液にはパロチンという若返りホルモンと言われるホルモンが含まれます。

また、鉄分の吸収を高める作用、便秘を解消する作用、整腸作用などと食美容効果も高いんです。

〈脂肪燃焼効果〉

梅干に含まれるバリニンには脂肪燃焼効果があることが最近の研究で分かってきました。

梅干を毎日食べている人は食べてない人にくらべてBMIが低いという結果がでたようです。

〈生活習慣病の予防〉

糖質を吸収するα―グルコシダーゼという酵素を抑制する働きがあります。その結果、糖質の消化吸収を防いで血糖値の上昇を抑えてくれます。

さらに梅エキスには血圧上昇作用のあるアンジオテンシンという成分が増えるのを防ぎ高血圧や動脈硬化を予防してくれます。

〈胃がん予防〉

胃痛や胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌は蛋白分解酵素をもちそれが粘膜を分解し胃の防御作用を低下させます。

1日に2つぶ程度の梅干を食べることでこのピロリ菌を抑制することができるのです。

〈疲労回復〉

梅干に含まれるクエン酸が疲労の原因となる乳酸の生成を抑制してくれます。

夏バテ防止のために梅干を食べて、汗によって失われた塩分を補給するようにしましょう。

 

このように普段なにげなく食べていた梅干にはこんなにも効果効能があったんです。

1日2つぶほどを継続して食べることでいろいろな身体にいい影響を与えてくれるのでぜひ試してみてください!

 

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀