イメージトレーニングで健康になろう!

イメージトレーニングで健康になろう!

Pocket

この間、スマホを落として画面を割ってしまいました。

自分の数少ない自慢の一つだったのでとても落ち込みました。

しかし!よく見たら割れたのは表面のシールだけで、画面は無事でした!

まだ自慢できます。よかった!

 

こんにちは!毛利陽介です!

 

前回は脳について書きました。

今回はその流れで、イメージトレーニング(イメトレ)について書きたいと思います。

イメトレの大切さについて聞いたことのある人は多いと思います。

そこで今回はイメトレに関する2つの研究を紹介します。

どちらも非常に興味深い内容です。

 

1つ目は、アラン・リチャードソンというオーストラリアの心理学者の研究です。

彼はバスケットボール選手を3つのグループに分け、フリースローの能力を測定しました。

一つ目のグループは、一日20分間フリースローの練習。

二つ目のグループは、何も練習しない。

三つ目のグループは、一日20分間自分が完璧なフリースローをしているイメージを頭の中で思い描く。

その結果、

一つ目のグループは24%成績が向上しました。

二つ目のグループは全く成績が向上しませんでした。

そして、三つ目のグループは23%成績が向上しました。

なんと、毎日イメージトレーニングだけをしたグループが、毎日練習をしたグループとほぼ同じだけ成績が向上したのです!

 

続いては、NASAでも勤務したチャールズ・ガーフィールド博士の研究です。

彼はオリンピック選手を四つのグループに分けました。

一つ目のグループは、練習時間の100%を実際に体を使った練習に使いました。

二つ目のグループは、練習時間の75%を身体練習に、残りの25%をイメージトレーニングに使いました。

三つ目のグループは、練習時間の50%を身体練習に、残りの50%をイメージトレーニングに使いました。

四つ目のグループは、練習時間の25%を身体練習に、残りの75%をイメージトレーニングに使いました。

四つのグループの内、どのグループが最も良い成績を収めたでしょうか?

なんと、最も良い成績を収めたのは四つ目のグループでした!

そして、最も悪い成績だったのは、一つ目のグループでした!

つまり、この研究ではイメージトレーニングの割合が多いグループほど良い成績を収めたのです。

 

イメージトレーニングをすると、その動きをするのに必要な筋肉がわずかに動きます。

また、他者の動きを観ることでも、その動きを実際にする時と同じ脳の部位が活性化します。

つまり、スポーツでは一流選手の動き・プレーを観ると、自分も同じ動き・プレーをしていると脳は思い込み、実際に練習しているのと同じだけのトレーニング効果が得られると言えます。

そして、イメージトレーニングと実際の練習を組み合わせると、さらに大きな効果が得られます。

 

 

 

 

 

 

さらに、スポーツ以外でもイメージトレーニングの効果があります。

それは、ポジティブなイメージをすることで、がん細胞などを攻撃する免疫細胞であるNK細胞が増加するというものです。

イメージで健康になれたら素晴らしいですね!

因みに、「吉本新喜劇」を観るとNK細胞が活性化するという実験結果もあります(イメトレ関係ないですね)。

 

健康増進やスポーツのパフォーマンスアップに、イメージトレーニングは必要不可欠です!

イメトレで健康になりましょう!

毛利陽介でした!

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツをしていない方でも大歓迎です♪
お気軽に体のお悩み相談してください。
美容鍼灸も受け付けております!
鍼で印象に差をつけましょう!

お得なワンコインストレッチ体験もやっております。
☏052-701-8899
LINEでもご予約承っております。
お待ちしております🍀