話題のロコモティブシンドロームとは?

話題のロコモティブシンドロームとは?

Pocket

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの奥田です。

今回はネットやテレビ、雑誌でも見ることが多くなった話題のロコモティブシンドローム(運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態
運動器症候群)通称ロコモを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下し、

進行すると日常生活に支障をきたすレベルにまでなってしまうのです。ロコモの状態が進行すると、要介護や寝たきり状態になることもあるので、

原因を知って早めに対策することが健康寿命を延ばすためには大切です。

 

ロコモになっている可能性がある要因として

1 片足立ちで靴下がはけない

2 家の中でつまづく、滑る

3 階段を上るのに手すりがいる

4 15分程度続けて歩けない

5 2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難である

などがあげられます。一つでも当てはまれば注意してください。

 

 

 

50代あたりから増え始めますが、ロコモは誰にでもなる可能性があります。どの年代の方でも適正体重を意識して、関節に過度な負荷がかからないようにし、

適度な運動で骨や筋肉を鍛えていくことで、運動器の機能低下を防ぎましょう。

 

ロコモ対策のトレーニング(ロコトレ)として有効なのが

開眼片足立ちとスクワットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキングや体操、ストレッチ、スポーツ等も有効なので無理をしない程度に継続して行い、健康を手に入れましょう。

 

ストレッチ専門店 ごくらくストレッチ
筋膜リリース ハリレッチ 美容鍼など
スポーツをやっている人以外も大歓迎!!
予約はこちらから!!   052-701-8899
LINEでのご予約も出来るようになりました!
是非ご利用くださいませ!