冬の危険「ヒートショック」!!

冬の危険「ヒートショック」!!

Pocket

こんにちは!ごくらくストレッチスタッフの奥田です。

 

 

今回はヒートショックについてです。

 

 

ヒートショックとは、急激な温度の変化により血圧の乱高下や脈拍の変動が起こることです。

冬の入浴時や暖房の効いた部屋から寒い廊下やトイレなどに行くときに起こりやすく、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性があります。

高血圧や動脈硬化の傾向がある人が影響を受けやすく、高齢者は特に注意が必要です。

日本では年間1万人以上がヒートショックが原因で死亡しているとされ、室内における高齢者の死因の4分の1を占めるとも言われています。

 

 

ヒートショックの対策としては、室温の差をなくすことです。

特に冷える浴室・脱衣所・トイレなどにも暖房の配慮が大切で、温風暖房や湿気も取り除く浴室暖房乾燥機・脱衣室用壁掛けヒーターなどの使用をお勧めします。

また、快適な温度環境のカギは、高断熱・高気密住宅です。

家の構造を保温性の高いものにして、外気温の影響を受けにくくすることが、最も有効な対策といえます。

 

 

入浴時は

1湯船に入る前に、手や足といった末端の部分からかけ湯をして、徐々に体を温めていく

2ぬるめの湯でじんわり体を温める。

3いきなり肩まで湯船に沈めずに、足からゆっくりと入り、徐々に肩まで沈めていく

4長湯をしない

これらが大切になってきます。

 

誰もがなりえるヒートショック、細かな注意を払い対策していきましょう!

 

 

 

 

 

 

当院は名東区初のストレッチ専門店です。
スポーツ経験のない方でも大歓迎です!
体のお悩みお気軽に相談してください♪
☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。