スッキリとした朝を迎えるコツ!

スッキリとした朝を迎えるコツ!

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチのスタッフの永谷です。

冬になると布団の中から中々出られずに、朝起きるのがつらいですね…

今回はすっきりと朝を迎えるコツを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

朝気持ちよく目覚めれない原因として、睡眠の質が低いと、自身の心身は十分な回復を得ることができていないことがあげられます。

睡眠の質を下げる要因として

・睡眠4時間前に食事をする

・カフェインを含む飲み物を飲む

・夜の遅くまでPCやスマートフォン、TVなどの強い光の刺激がある環境の中にいる

・就寝前の暗い部屋で、スマートフォンや携帯などの画面の光を見る

・就寝2時間前以降に仕事や勉強、考え事など、頭を使う活動をする

・平日と休日の睡眠時間に2時間以上の差がある

・起床時間が毎日一定ではない

・運動をする習慣がない

・朝に太陽の光を20分以上あびない

があげられます。

眠りの質を下げる行動をとると、

寝た気がしない、疲れがとれない、集中力が低くなる、不安やイライラしたした状態になりやすくなる

肥満になりやすくなる、記憶力・思考力が落ちる、目覚めが悪くなる等のデメリットがあります。

寝る前に呼吸法(腹式呼吸)をとり入れたり、興奮した頭と身体を上手にリラックスさせ翌日に備えることが大切です💡

 

 

 

 

 

人間は体温が下がってくると眠くなると言われています。

専門的に言うと、熱が外部に逃げていく「放熱」をするときに眠くなるのだそうです。

つまり体を温めれば目が覚めるということです。

体を温めるにも厚着をする、や暖房をつけたりと道具で体を温めるのではなく、自力でからだを温めることが必要です。

例えばベッドのなかでできる範囲で、手足や体幹を動かすだけで充分だそうです。

左右にゴロゴロ向きを変える、腰を浮かせる、手をグーパーする、足をバタバタする、などです。

朝起きて一工夫するだけでスッキリと目覚めやすくなるということです。

 

今回は睡眠前、起床前の2つについて書かせていただきました。

朝がなかなか起きれないという方、是非実践してみてくださいね 😆

 

 

 

 

 

 

 

名東区初のストレッチ専門店です。

お得な体験も行っております。

体の悩みお気軽に相談してください!

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お待ちしております🍀