冬が乾燥すると言われる理由

冬が乾燥すると言われる理由

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

寒くなるにつれマスクの方が街に増えますね…

風邪を引いておられる方、風邪を予防している方、乾燥予防のため、人それぞれです‼

最近私ものどが乾燥しがちなのでマスクをかけることも多々あります。

今日は今気になる乾燥について書いていきます。

夏はじめじめ、湿度が高いイメージがありますが

冬は乾燥しているイメージが強いです 🙁 

冬に乾燥すると言われる理由としては、地域で異なり、

乾燥は日本全体がしているわけではないそうです!!!

 

 

 

 

 

冬の高気圧は北のシベリアのほうからやってきます。

日本に来るときに日本海を通りますが、そこで高気圧は多くの水分を吸収します。

日本に着いた頃には日本海側に大量の雪を降らせるといった理由です。

しかし、空気が日本の山々を超えて太平洋側に移っていくなかで、

水分はほとんど無くなってしまいます。

よって、太平洋側には乾いた風ばかりが吹きます。

よって、低湿度(乾燥)となるのです。

つまり、冬は乾燥する…というイメージは、主に太平洋側の人たちの持つと言えます。

逆に日本海側は湿っているので乾燥知らずということです 🙄 

 

 

 

 

 

空気、お肌が乾燥すると

火災が増えたり風邪をひきやすくなったり、化粧ノリがよくなかったり(肌が乾燥して)

嬉しくないことが多いですよね 😥 

太平洋側の地域に住んでいる以上“冬の乾燥”はついてくるものです…

私たちができる乾燥予防として

・部屋に加湿器を置く

・水分をこまめにとる

・マスクをする

・観葉植物を置く

・お風呂場のドアを開けておく

・洗面器やコップにお水を入れる

・濡れたタオルを干す

などがあります。加湿器がないという方でも簡単にできます。

乾燥でお悩みの方是非実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

☏052-701-8899

LINEでもご予約承っております。

お気軽に体の悩み相談してください。

お待ちしております🍀