スポーツ活動中の熱中症対策

スポーツ活動中の熱中症対策

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの永谷です。

今回はスポーツ活動中の熱中症対策について書いていきます✎

 

 

 

 

 

 

①暑いとき、無理な運動は事故のもと

気温が高いとき、同じ気温でも湿度が高いときほど熱中症の危険性は高くなります。

また運動強度が高いほど熱の産生が多くなるので危険性が高まります。

暑いときに無理な運動をしても効果は上がりません‼

環境条件に応じて運動強度を調節し、適宜休息をとり、適切な水分補給を心がけましょう。

 

②急な暑さに要注意

急に暑くなったら、軽い運動にとどめ、暑さに慣れるまでの数日間は

軽い短時間の運動から徐々に運動量や運動強度を増やしていきましょう。

 

③失われる水と水分を取り戻す

暑いときはこまめに水分補給しましょう。

汗からは水分と同時に塩分も失われます!

スポーツドリンクなどを利用して0.1~0.2%程度の塩分も補給していきましょう。

運動前後に体重をはかることによって失われた水分量を知ることができます‼

自分の失われる水分量をだいたい把握することによって水分不足を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

④薄着スタイルでさわやかに

暑いときには素材や通気性のよいものをえらび、

屋外での際は帽子を着用するなど直射日光から身を守りましょう。

防具をつけスポーツでは、休憩中に衣服をゆるめ、熱を逃がしましょう❣

 

 

 

 

 

⑤体調不良は事故のもと

疲労、睡眠不足、発熱、かぜ、下痢など体調の悪いときには無理に運動をしないことです。

体力の低い人、肥満の人、暑さに慣れていない人、熱中症を起こしたことがある人などは

暑さに弱いので要注意です‼

 

甲子園の観戦や世界陸上を夜遅くまでテレビで見ている方もいらっしゃると思います…

熱中症、体調不良には十分気をつけて、充実した夏を過ごしていきたいですね☺

 

8月11日㈮~15日㈫までお盆のため休診となります。

よろしくお願いします🍀


LINEでのご予約も出来るようになりました。

LINEでのご予約は24時間可能です✨

☏052-701-8899

ご予約お待ちしております♪