快眠のためのコツ

快眠のためのコツ

Pocket

こんにちは、ごくらくストレッチスタッフの森定です。

最近天気が崩れがちで折り畳み傘が手放せませんね。

じめじめとしていてよく眠れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は快眠を促すちょっとしたコツをお話ししたいと思います!

1.朝起きたら光に近づきましょう。

脳にある体内時計の中枢センターは、網膜からキャッチした光情報によってリセットされます。

ここから一日がスタートするということを、全身に伝えてあげましょう!

2.冷たいものをやたらと飲まないようにしましょう。

体の内部の温度である「深部体温」は、本来深夜寝ている時が最も低く、起床時間に向けて徐々に上がっていき、夕方から夜にかけてピークを迎えます。

夕方から夜にかけて上昇した体温と、睡眠時に低下する体温の落差が大きいほど安らかな眠りにつけます。

蒸し暑いからといって冷たいものをがぶ飲みしてしまうと、深部体温の上昇を妨げてしまうので、常温のものを飲むようにしましょう!

3.午後は1~5分間、目を瞑って休息をとりましょう。

ヒトは一日のうちで昼間にも眠気を催すタイミングがあることが分かっています。

眠気は、アデノシンなどの睡眠物質が脳脊髄液に溜まっていくと催します。

午後に仮眠をとって睡眠物質を減らせば脳は覚醒しますが、1~5分間目を瞑ってじっとするだけでも視覚情報がシャットアウトされ、脳の休息になります。

他にも眠りの質を上げる方法はありますが、今までにあげた「光」「体温」「眠気」の3つが改善されるとスッキリと眠れます!

是非お試しください!!

ストレッチ専門店 ごくらくストレッチ

筋膜リリース ハリレッチなど

スポーツをやっている人以外も大歓迎!!

予約はこちらから!! 052-701-8899

LINEでのご予約も出来るようになりました!

是非ご利用くださいませ!